磐梯・吾妻の山3っ



ここは無料の兎平駐車場
.
浄土平駐車場に止めると利用税410両取られてしまうにょ(笑)
.
有料道路の通行税1570両は相変わらず高〜い!早朝ならそのまま通過も、
シーズンになると3交代で徴収員がいるんだとか・・・なかなかシタタカ(笑)
.
最初は桶沼だけど、真夏に来るともっと神秘的な沼でした。水深13メートルとか
.
吾妻小屋は築何十年で雨漏りがしてる感じ・・・風雪に耐えてないのでは(笑)
どんな建物でもパッと一瞬見ただけで全体が見えてしまうのでやんす!!!
.
栂平園地とはなんじゃらホイッと?園地と言う名前に魅かれて行ってみよう!
.
栂(つが)と言うと今では米栂のことのようだけど、これは栂の古木ではなくモミの木?
.
園地とはなんぞやとばかりアタリをキョロキョロ!しかしベンチがあるだけの
このようなところを園地と言うのだろうか?来た人は全員ガックリコンでは(笑)
.
寄り道をしてると時間が無くなってくるから、ようやくいざ〜いざ〜〜いざ〜〜〜
最初は平坦な鎌沼コースではなく、いきなり急勾配の一切経山は直進でした。
朝7時半調度のスタートだけど、朝起きる時間はいつでも4時から5時の間だから
ここへ到着でも、いつもの1時間歩け歩けをやってから来たワケでしたにゃ〜(笑)
.
ここで今日の予定の概略だけど、兎平駐車場→桶沼→栂平→一切経山→
五色沼→家形山→五色沼→一切経山→鎌沼→吾妻小富士→兎平駐車場
.
こりは見事な紅葉(^^;10月半ばには山の上が紅葉開始だにぃ〜
.
急勾配の一切経コースはさすがにゼ〜ゼ〜 年々歳を感じて座って休憩したいが、
ここまで来ればあとは緩い勾配で、最初は平坦鎌沼コースの年代突入なんだろか(笑)
.
一切経の山頂に立つも強風とサブサでブルブルブル!!!
手袋は真冬用のものでないとあきまへんにゃ〜
.
標高1948メートルのさすがに2000メートル級は半端な装備ではあきまへん!
.
五色沼の紅葉は見事だにぃ〜、しかしガスがかかり一瞬のシャッターチャンスしかない!
.
イッキに五色沼の下まで降りるも、ここは北斜面で色がイマイチ・・・
.
南斜面のほうの色がよく出ている
.
次に目指すのは家形山だけど、ここから見上げると家の形はイマイチ
.
行けども行けども家形山の案内板がな〜い!標高1877メートルはどこじゃ〜
.
ここは兵子の近くまで来てしまったか?おかしいので戻ることにする。
.
五色沼から直ぐそこに見える家形山だから、戻って来たらここが家形山の山頂?
表示板が一枚もないから、ここを通り過ぎてしまった様子(><)左側が三角点?
家に帰ってから詳しい地図と睨めっこすると、兵子のほうに行ったのではなく
霧の平から五色温泉方向に行ったことが解る。西のほうではなく北へ行ってしまった。
(初めて行くところでなくとも表示板がなく曇り空では方向が違うことよくあること)
.
このへんは見事な色づき具合だにぃ〜
.
五色沼まで降りてきて次の一切経山まで戻るのに、相変わらずガスがかかったまま
.
この赤い実はナナカマドの実にも似てるが、ナナカマドは結構高木だから
こりはナナカマドではないようだにぃ〜 結構見るけど名前は知りませんにゃ〜
.
一切経山の西斜面を登るが、ここも結構急斜面だし、なんと言っても
西風がビュービューなんてもんではなく、油断すると飛ばされてしまうにょ。
.
次に目指すのは吾妻小富士の噴火口1週だそうな(他人事風)
(気温が低く強風が吹き荒れて急斜面の状態は画像からは解らないし、
背中に吹き付けてる強風に踏ん張っていないとどこまで転落するか解らない)
前にも同じような画像を見たような気がするけど(笑)
前にUPロードしたときは無料UPロード先だから、いつのまにか消されてる
.
鎌沼が眼下に見えてくる、画像左側に酢ヶ平非難小屋が見えてる。
.
その酢ヶ平非難小屋の隣に何かできてるにょ!共同トイレだそうだが、
西外壁は屋根と同じカラー鉄板瓦棒葺きは良いでしょう(^^;しかし
その下の基礎部分が、コンクリートハツリ仕上げとはいかがなものかにぃ〜
ここでは雪が真横から叩きつけ、日中の温度上昇で溶けて染み込むのでは?
コンクリートの風化を早める結果になっては耐久年数はどうなるものかどうか?
.
鎌沼の水面はいつ来てもおだやか(^^;後方は東吾妻山でした。
.
水面はおだやかでも、今は10月半ばだけど間もなく雪が降り氷が張り詰める、
季節の変遷は激しい寒波襲来は直ぐそこに忍び寄ってる・・・
.
吾妻小富士までの下山道は緩く、こりは見事な紅葉だにぃ〜
その吾妻小富士の右側に桶沼の水面が見えるが、どうして
水が入ってるか不思議だけど、あとでもう1回出て来るにょ(^^;
.
浄土平駐車場に何かできてるにょ!
.
そう言えば天文台が出来たとかニュースでやっていた記憶あり〜
.
ここも最近できたようだけど、ビジターではないから用事なし(笑)
他の客も一人も入りませんにょ・・・レレレ(みやげ物館には入ってる)
こういう箱もの風のものは、アッチャコッチャに作るな〜(まだ言ってる)
.
ここは観光名所になって、中にはハイヒールで登るものも見受けられるが、
さすがに晩秋ではお客がチラホラだにぃ〜
写ってるのはどっかのオッサンだけど・・・念のため
.
噴火口1週するのに、コインの表が出たら右回りで、裏が出たら
左回りでやったら、表だったので右回り決定(笑)
.
噴火口だけに強風が吹き荒れて、画像右に落ちたらあり地獄が待ってるし
左に落ちたら、何メートル滑り落ちるか解らんところだにぃ〜
.
そのあり地獄の噴火口だけど、深さは相当深いのでした。
.
今登ってきた一切経山がよく見えるが、浄土平駐車場の駐車台数は
まばらだにぃ〜 真夏だと駐車場に入るのに並んでいるが今は秋、晩秋の季節
.
噴火口から見下ろすと、後方に東吾妻山と、画像中央には桶沼の水面が
僅かに見えるところ。しかしゴルフ場で言う砲台グリーンの中にどうして
水が入ってるか、いつみても不思議に思うのでした。
.
有料道路を下って来ると我が盆地が見えてきて、島のように見えるところが
市内中心北部の信夫山(しのぶやま)でした。今日は曇り空が多く天気はイマイチ。