表磐梯 & 裏磐梯


五色沼の最大の
観光地毘沙門沼
(びしゃもんぬま)
磐梯周辺の沼の総称を
五色沼と言います。
10月下旬には紅葉の
見ごろとなりました。
朝8時丁度のスタート
でした。
五色沼自然遊歩道
これから歩いていく
道のりは、磐梯周辺の
地図を広げないと
解りづらいことでしょう(^^)
遊歩道
このようなところを
歩いて行きます。
青沼
確かに青いので
青沼なのでしょう!
遠足でしょうか
もう休憩してる(笑)
最近の子供も運動不足
だから、日ごろから
歩きなさいと
言っておこう(^^;メ
柳沼
おだやかな水面でした
柳沼の紅葉
ここまでで遊歩道は
終わりで国道459に
出ました。
8時50分で3.200歩
弥六沼の遊歩道
コースから外れそう
だからバックしました。
裏磐梯スキー場
磐梯山北側に広がる
古くからあるスキー場。
9時20分の5.400歩。
得意の登り(笑)の
始まりで、
大汗(^^;フキフキ

キノコを発見
美味そうに見えるけど、
キノコの種類は
解らんから、
毒キノコかも?
スキー場中央の
ゲレンデから
画像中央奥が磐梯山
。まだまだ遠い〜
降り返れば
桧原湖(ひばらこ)が
見えてくる!
これが銅沼
(どうぬまで
なくあかぬまと
読むらしい)
かと思ったら違った。
サブイどころか
暑い暑い(^^;
滝のようなアセアセ!
銅沼
銅沼到着10時で
8.100歩。
中央の磐梯山は、
まだまだ遥か
彼方だあぁぁ〜
煙が見えてる
ここは確かに活火山
中ノ湯
八方台コースとの
合流地点到着
10時30分で
10.300歩。

登山道
このようなところを
登っていくけど、
ここはまだ良いほうで、
ところどころがドロドロの
トロントロン(笑)って
笑ってられない、
3時間では頂上に
たどり着かないことが
解ってくる(^^;ウヒィ
降り返れば
左が小野川湖で
右が秋元湖で、
真下に見えるのが
通って来た銅沼。
弘法清水小屋に
到着
ゼ〜ゼ〜とうとうここへ
たどり着いた〜(*^^*)
11時30分で14.300歩。
登山部とかを追い越し
ては来たけど、
追い越されたのは
なかった!・・・・・
とは言うものの、
さすがに足が
ガクガクガクッ!(笑)
降り返れば
天狗岩の後方に
桧原湖が広がる。

このような急勾配
あとわずかと解っては
いるけど、ゼ〜ゼ〜
とうとう磐梯山征服
(大げさ)アハハ
とうとう到着
12時5分で
15.800歩。
磐梯山頂
お昼どきなので
みなさん昼食中(^^)
360度の大パノラマ
南側真下に
は猪苗代湖が小さく
見える。
大きな湖だけど、
ここから見ると
小さいにゃ〜
北側には
桧原湖
北東には
左が小野川湖で
右が秋元湖。
右の山は櫛ヶ峰
1636メートルかにゃ?
東側には
昼食休憩10分・・・・
とは行かず、
さすがに15分休憩で
下山開始(^^;
清水小屋到着
12時40分で
17.400歩。
こんな滝も
清水小屋から、登って
きたところではなくて、
川上温泉に下る
川上コースを降りる。
下りは軽〜いかと
思ったら、とんでも
な〜い!
裏磐梯スキー場方面と、
川上温泉方面との
分かれ道に到着
13時45分で
21.500歩。
足がカクカクと
吊りそう(^^;ウヒィ
夕方の毘沙門沼に
到着
ここは裏磐梯の景勝地
の道路だけに、
関東ナンバーの車が
1/3かな!
とうとう毘沙門沼に
戻ったのが、
15時40分で30.500歩、
平坦地なら20キロだけど、
登り下りだから40キロ
かな(^^)
う〜む!7時間半では、
思い残すことはない
どころか、足が痛くて
もう歩くのはいやだあぁぁ!
(本音)年寄りとか
運動不足の人では、
とても行けないコース
でした(^^;チャンチャン

猪苗代シャンツェ
(スキーのジャンプ台)
猪苗代東部で
母成グリーンラインの
登り口近くの、
猪苗代町中ノ沢温泉
近くにあります。
何年か前に冬季
猪苗代国体の
ジャンプ競技場でした。
これはミディアムヒルだから
50メートル級でしょうか!
真冬に雪で真っ白に
なると、高さの感覚が
ゼンゼン違って
見えまする。
スタート台から
見下ろすと
踏み切り台は見えるけど、
着地の斜面は
見えませんね!
ジャンプって飛ぶんで
なくて落ちるんだ
そうだけど、
ここから見下ろすと、
確かにスゴイ迫力!
ラージヒルって90メートル
だから、ここの約2倍も
ある〜・・・・・・
ここは最初に通って来た
朝7時の画像でした。
磐梯山3Dワールド
毘沙門沼の次が
ここへ来たのでした。・・・・・
磐梯山噴火記念館の
道路の向かい側に
あります。
プラネタリュウムのような
室内で、立って
見上げるのだけと、
磐梯山が噴火して
溶岩ドロドロとか、
噴火した大きな石が
頭の上から落ちてくる
大迫力の3Dでした。
裏磐梯に行ったときは、
一回は見る価値有り
でした。
今まで行った3D館の
なかで、一番良いのは、
今でも変わりが
ありましぇん(^^)
桧原湖(ひばらこ)
五色沼とならんで、
裏磐梯の代表的
観光地!
モーターボートで桧原湖
1周○千円也〜〜
磐梯ゴールドラインを
通過
ここの道路は80キロ
出せます!
って2台前が遅いのが
居るでは
あ〜りませんか(><)
磐梯山麓の磨上原
(すりあげはら)
磐越西線の翁島駅の
北側に広がる
磐梯山麓です。
その昔伊達正宗と
会津芦名(あしな)
との最終決戦場でした。
猪苗代の東から西へ
攻め込む伊達正宗と
芦名の向かい打つのに、
たぶん昔の絵図面を
広げて、最終決戦場は
ここだとお互いに扇子で
指した土地だったよう!
磐越高速を通るたびに、
このへんに来ると、
その昔のほら貝とか
チャンチャンバラバラの
音が聞こえそうです。
野口英世の生家
国道49号線沿いで
、猪苗代湖北部に
あります。
カヤブキ屋根とかの
風化を防ぐのに、
屋根を設けています。
中へ入ると昔のままで、
ヤケドで有名な
イロリも昔のままでした。
英世の母親がすぐ
近くの猪苗代湖に入って
どじょう取りをしたのも
有名な話でした。。

逆さ磐梯
猪苗代湖北東部の
天神浜からでした。
夕方5時ごろになった
せいか、波が荒く
逆さ磐梯は撮れない〜・・・
猪苗代湖南部の
湖南町舟津に行くと、
逆さ磐梯の雄大な姿の
パチリが出来るけど、
時間がなく残念無念!
でも、逆さ磐梯は
やっぱり、雪をかぶった
ときが一番
良い様子(^^)

日没直前の磐梯山
周りは暗くなったのに、
山の上のほうはまだ
明るい磐梯山でした・・・・・
かくして磐梯周遊
は終わりを告げたのでした
(^^;パチパチ・・・・・・・
朝6時半に家を出て、
帰ったのが夜6時半
だから、12時間労働?
ではチカレタ(^^;ビ〜