ブドウ栽培


ブドウは年内に短梢剪定と
石灰硫黄合剤散布を終えてます。
品種名はあづましずくで、平成16年
種苗法品種登録取得品種で、
ブラックオリンピア×ヒムロッドシードレス
4倍体の交配種だから
当然4倍体品種です。
福島県内限定販売苗木ですが、
全国的な知名度はこれからなので
結実期3年目の今年は栽培日誌と
してみるのでした。
4月も下旬になるとようやく
芽が動いて来て。
副芽は貯蔵養分を失うので
欠き取る。
発芽がダラダラと続くようでは、
貯蔵養分が少ないことが考えられる。
この状態は去年のロザリオロッソで
見られたが、むねり病にかかって
2年過ぎても回復しなかったので、
去年に倒してしまいました。
新梢が伸びて来た5月初めの画像。
1本の新梢に花穂が2っ付いたら
先端のほうは欠き取る。
かなり充実した新梢なら、出荷する
栽培法では欠き取らない。
糖度を上げて美味いブドウ栽培法
なので、1新梢1花穂で1房収穫が
基本の栽培法でした。
それから巻きヒゲは貯蔵養分を
失うので、全部切ること。
5月中旬には整房して
これでは少し房が長すぎると、
果梗が硬化するので、もっと短く
する必要がある。
これぐらいが良さそう(^^;
それから整房はジベレリン処理する
2日前ぐらいに終えること。
切り口が乾かないときにジベレリンを
使うと、切り口からジベレリンを
吸い込んで、ヘンなホルモン処理に
なってしまう!
植物ホルモンの主なものには、
オーキシン、ジベレリン、サイトカイニン、
アブシジン酸、エチレンの5種類がある。
そのうちジベレリンは着果とか種無しに
使うものである。
こういう白い粉を一定の水に溶かして
ジベレリン水溶液を作るので、
作るだけなら簡単な作業である。

ジベレリン処理花は、花粉が発芽能力を
失っていて、胚のうも未発達で受粉能力
を持っていない。胚のうはその後も発達
せず退化してしまう。このように受粉が
行われず、種ができなくとも結果する
ことを、単為結果と言う。
あづましずくとか高尾は
無核品種(種無し)なので、満開時の
着果に1回のみ使う。
これをやらないと1粒も着果しない。
紅伊豆とか巨峰には満開予定10日前に
1回使って種無しにして、2回目は
種なしになった分、粒が小さくなるので
果実肥大に使う。
あづましずくは50ppm ぐらいで、
紅伊豆は100ppm ぐらいである。
これを見上げながら房をチャプチャプと
ジベレリン水溶液に漬ける。
腕を上げながらの作業だし、
顔には水溶液がチャプチャプと当たって
ブドウ50本とか100本栽培の
専業さんでは大変な作業になる。

幼果肥大中の6月上旬でした。
今の時期(6月下旬)には、
少し摘粒をしただけで良く、
(少しばらけた状態と言うこと)
これからがブドウ栽培の
本質(?)でしたにゃ〜
巨峰系品種の紅伊豆
果粒平均13〜15g
4倍体品種のあづましずく
果粒平均14〜16g
8月下旬にはジベレリン処理を
していない紅伊豆が完熟しました。
あづましずくのように無核(種無し)
品種では、ジベレリン処理をしないわけ
にはいきませんが(1粒も着粒しない)
有核品種ではジベレリンを使わずに
そのままであれば、使ったところと
比べて、熟期が3週間ほどずれて
長期間の収穫ができると言うことに
なるわけです。
しかし最近の傾向として、種無しに
しないと消費者にソッポを向かれる
らしい(笑)