福島城下町の戦い現代版想定図


わが町福島市内には寺が5っ続けて建っているところがあって、
5っ連続とは不思議だと思っていたところから始まった考察であり、
今から300年ぐらい前の江戸時代中期ごろの話である。当時は
福島藩板倉氏が藩主であり170年ほど続いたようだが、藩主が
コロコロ変わり、変わり目には幕府の天領とかなって、藩主のイメージが
薄いのと、もう1っ城の天守閣がなかったところから、福島城の城下町の
イメージも薄いところである。(城はしゃちほこでもないと人目を引かない)





北上して来た敵方軍は信夫橋を渡り、直ぐにある大木戸(関所)を
通過しないと城下には入り込めないようになっていたようだ。
福島の地は(今でも同じだが)川が多く、どこかの橋を渡らないと
どこにも行けないようになっている(逆に言うと川が多く用水に富んだ
昔からの農耕で栄えたところである)したがって川によって守られた
城下と、その川の水を引いて防御に使った堀が発達していた。



福島城下町発祥の7町
@ 柳町 信夫橋を渡ると直ぐのところに大木戸(関所)があり、荒川がたびたび氾濫して
水が引けると、そこに柳の木が生い茂るので柳町と命名した。
A 荒町 荒川がたびたび氾濫して、そのたびに石がゴロゴロと
転がっていたので荒町と名づけられた。
B 中町 中町は本陣の近くにあり、柳町と本町の真ん中にあったため、
その間の街と称して中町とした
C 本町 本町は福島の中心地。この町は城下町時代、本陣や脇本陣
などがおかれた為、本町と称した。
D 上町 福島城の外堀の片側に街があり、堀の上のほうに街があった為上町と称した。
E 北町 城下町時代は現在の北町を北南町といい、本通りの南の地域を
南裡(みなみうら)、北の地域を北裡(きたうら)と呼び、合わせて北南町といった。
F 豊田町 季節的に集まってくる馬喰労相手の飲み屋や、茶屋旅館が多かった、
それらの事から、馬喰町(馬苦労町)と称した。



模型があったので、このほうが
解りやすいかなと思ったのでした。
想定図とは方角が違い、
右側が北で上が西ということ。
青色が阿武隈川で、画像中央に
天守閣のない福島城があり、
上には寺が5っ並んでる。
福島城の面影は全くなく、
現在は福島県庁となっており、
城跡の石碑だけである。
県庁前の広い通りに大手門が
あった様子!
当時としては相当幅の広い門で、
高さもそれなりのものだった。
県庁裏側(南側)に阿武隈川が
流れていて、当時の石垣は
もっと高く築いた様子だから、
川から攻め込むことは
難しいことだったことでしょう。
神社が見えてるが、板倉神社で
福島藩板倉氏を祭ってる神社
でした。
対岸から見ると、右側が
県庁正庁で左側が西庁舎でした。
密語橋(ささやき)
県庁南側の杉妻会館の中庭の中に
あるけど、縮少したサイズの橋に
した様子!
福島城の杉の橋から夜になると
ささやく声が聞こえてくるため
「ささやき橋」と名づけられた。
その杉妻会館の南側にあるのが
日本銀行福島支店長官舎の
御倉邸(現在は福島市所有)
(おぐら)
数寄屋造りで窓ガラスが透明な
雨戸(?)を使ってる様子だが、
その昔(明治から昭和初期ごろか)
迎賓館のようなこともあったと
聞いて、福島にも迎賓館らしき
ものがあったとは
オドロ木桃の木サンショの木

中には庶民感情と少しズレがあり
贅沢ではないかと言うご意見も
あるそうだが、これぐらいの
官舎なら、それほど目くじらを立て
なくても良いと思うのでした。
床の間のある部屋の中央に
デ〜ンとあぐらをかいて、
そこから見える庭の光景を
撮ったものだけど、積雪5センチ
ぐらいを狙って行ったは良いが
雪が溶けてしまい雪見に一杯の
風情が遠のいてしまった(笑)
(阿武隈川の流れが見える)
季節の花が咲き乱れ、またまた
一杯も咲き乱れ(?)も良さそう(笑)

数十億円をかけて新築し、バブル
崩壊後たったの○円で叩き売った
物件が全国いたるところにある
現実から見れば、これぐらいは
チョビットだけムダだけでんな〜

今日はいつもの辛口が影を潜め、
相当甘口甘口甘口だと思ってる
ハイそこのあなただったりして(笑)




挟み撃ち戦法



北上する敵方軍が来たら大木戸(門)を開けておき、入ったころあいを見て
門を閉め、両方から挟み撃ちにして袋のねずみ状態にしてから、待機軍が
真横から散り散りにする戦法があったのではなかろうか? これならかなりの
成果があって敵軍は全滅になったような気がする。それから当時は鉄砲
伝来後ではあるが、狭い路地において敵味方入り乱れる接近戦だから
足軽鉄砲隊のようなものはなく、刀とヤリ部隊だけだったことだろう。




分断戦法




ころあいを見てから大木戸(門)を閉め、5っの寺に配置した城兵が
同時に敵軍真横を攻めて短時間に全滅させた戦法があった様子!
それから大木戸の門は、観音開きの内開きだったに違いない。一旦
入り込んだ敵軍は、太いカンヌキで内開きだから、出るには出られない
袋の中の鼠と言うか、袋小路に迷い込んだ大トラではない小トラぐらいか(笑)
尚、当時の戦法をネット検索しても、どこの文献にも出てこないので、
作者の独断により想定図を描いてみたものである。(城と城下と道と川と)



信夫橋より北側を見てる画像だけど、
この橋を渡ったところに江戸口大木戸(関所)があり、ここからが福島城下町を形成していたところでした。

その歩道橋の上から眺めると、道路が
右カーブしてから左カーブしている。
ここは奥州街道(旧国道4号線)だけど、
城下町特有のクランク路が、現在は
なめらかなカーブの道路になっている。
中町あたりの奥州街道
(旧国道4号線)は、
信号だらけで朝晩以外の日中でも
渋滞してるところだから、
このへんを避けて
裏道を通るところでした(笑)
一番南側にある常光寺
曹洞宗で福島藩板倉氏の菩提寺。
大森城下から移転した。
この画像から解るように桜の季節には
相当良さそうなところでした。
真浄院
上杉家の祈願所で真言宗
その当時は寺町通りと呼ばれていた
らしい!
現在の通りの名前は知らないが、
一方通行の狭い通りだけに通行する
車は少ない。
しかし、当時の戦となったときは、
この通りに城兵やら伝令やらが走り
まわったことが偲ばれる。
誓願寺
浄土宗
康善寺
浄土真宗
康楽寺の康と古川善兵衛の善から
康善寺と名づけたらしい!
無縁仏の場合はこのお寺に
回って来る情報あり。
この銅像は人目を引いていたが、
親鸞だとは看板を見て気が付く。
そんなことは親鸞?
シンラン(知らん)
ニャンちゃって(笑)
これが古川善兵衛の墓
石碑を見ても字が読めないので
(石が風化して堀ってる字が読めない)
最初は解らずだったが、検索して来て
ようやくこれだこれだ!
古川善兵衛とは地元では有名人で、
西根上堰と下堰を造った米沢藩の
代官でした。
今でも盆地北部の水路が発達して
いて、肥沃な果樹地帯となっている。
一番北側にあるのが東安寺
曹洞宗だけど、市内中心部に近く
土地の値段が高いところで、
その昔寺の境内を担保に入れた
ことが発覚して
(墓地がある檀家では大変なこと)
大騒ぎしたことがあったのでした。
その後のことは詳しく知らないが、
境内が今でもあると言うことは、
買い戻して大いにハンセイした
ことでしょう・・・