Part 2



プルーン
   9月 -  品種は在来品種のスタンレイ。                 
1本でもザクザク成るので、先ず花を
あまり咲かせないのが第1歩です。
摘蕾、摘果をして、実を付けるのは
全体の1割以下がいいようです。
耐水合板という、水処理したベニヤ板が
ありますが、これを自由に切って作った
ハコ植えで、30個収穫してます。
高さ1メートルだから、コンパクト樹と
いったところです。

              





  9月 - 

品種は秀玉という大きい梨です。
甘い幸水より、水分が多くてみずみずしい
青梨の代表種類。
小さい順序に並べると、
二十世紀<幸水<豊水<秀玉
というふうに、いちばん大きなようです。
表面が、ややデコボコあるので、スーパーには
並ばないようですが、趣味の栽培で食べる分には
甘くて美味しいですよ(^^;黒斑病に弱いようです。
梨を齧るカブトムシ


               





洋ナシ
  10月 -  洋ナシのル・レクチェです。
外観が美しい形です。
ラ・フランスより糖度が高いようです。
追熟には1ヶ月半ぐらいかかります。
芯食い虫に毎年のように食われます。
幹の中心部をカジル天敵ですが、
幹のどこをカジルか過ぎてみないと
解らないので、防ぎようがないかな?
10月末に収穫しました。
手抜きの無袋栽培なので、ご覧のような
見た目になりました!
追熟には1ヶ月半ぐらいかかりそうなので、
ビニール袋のなかに、リンゴとバナナをいっしょに
入れてみました。
ル・レクチェって、野菜の冬瓜にそっくりなんですね!
うりふたつてなもんかな(^^)
広辞苑見たら、うりを2っに割った形がそっくりなところ
からきてるそうな!
やっぱりそうなんだぁ。    13年の収穫

               







リンゴ
  10月 -  ←ここです
青いリンゴが赤くなりました(^.^)
品種は紅玉で、今は見られなくなりましたね。
ガブリとかじると、子供のころを思い出す!       
なぜ消えたかといいますと、日持ちが悪いので       
青いうちに収獲して、スーパーに並んだときに
赤くなるように出荷したけど、痛みが激しいのと
少し酸っぱいのが嫌われたようです。
しかし、完熟したときに、収獲してすぐ食べると
これが、またまた子供のころを思い出す!!
これは天星(てんせい)というリンゴです。
無袋栽培なので、このような色形となってしまいました!
通常の染色体は2倍体ですが、これは4倍体の新品種で
ふじより大きく(今年は大きくなりませんでした)、
果汁が多く、酸味の低下が遅いということは、
日持ちが特にいいようです。
来春まで保存が出来るようです。
いずれ、ふじに変わってスーパーに並ぶものと
予想してるところでした(^^)

               






アケビ
  10月-  これはまだ幼果のアケビです。
アケビは自家結実性がほとんどないので、
別品種を植えて人工受粉をしないと
実を結びません。
テレビもパソもない子供のころは、山野を歩き回り
アケビがあちこちに有りましたぁ。
アケビを見ると、子供のころを思い出す〜〜。          
新芽を摘みとってアケビご飯は、
なかなか一味違う味!種を含んでいる甘い果肉を
舐めたあとは、果皮のなかに具を詰め込んで
フライパンで焼くと、こりゃあ美味だぁ!
10月末の姿です。
実がパックンチョと割れて、白い果肉が現れました。
甘〜い果肉を舐めて、種をプッーとすると、
またまた子供のころを思い出す!

             





キュウイ・フルーツ
   11月 -  品種はセンセーションアップル。
リンゴの形をしてるのが解かりますか?
スーパーで売ってるのはラグビーボール状で、
果肉が緑色のヘイワードです。
この品種の果肉は鮮黄色で、木の上で            
熟すので追熟は必要なく、甘いですね。
オスの木とメスの木の花を、同時に咲かせる
のが、なかなか難しい!
花がずれてはなんにもなりません。

              



ギンナン
  11月  -  ギンナン拾いしたことないですか?
オスの木とメスの木があって、実が成る
のは、もちろんメスの木です。
火事に合うと、樹液を出して火災の消火に          
役立つところから、学校とか神社によく植え
られていましたね。
←ここです。
イチョウの黄葉いいですね。カエデの真っ赤な
紅葉もいいけど、黄色はいかがですか!

                




 柿
12月 - ←ここです。
柿が熟しました!品種は甘柿の陽豊(ようほう)
柿は種が5っ以上入らないと、ゴマが多くなりません
ので、甘くなりませんね。
そこで、別品種を人工受粉してみました・・・・         
種が何個入ったか・・・・・
今年は期待できそうです。
去年はオスの花粉とメスの花粉を間違えたカモ?
甘〜い甘〜い甘柿をつくりましょう(^.^)ウマイヨ〜
とうとうやりました!
種が入りました。
2っ入ったものと、4っ入ったものと有りました(^^)
デモ、なかなか5っ以上があらためて難しいようです。
画像の断面を見ると、種が4っと、種が入るべきところに
種が入ってないのが4っあるのが解りますか?
大きくなった酔うほうの柿なので、まだ3っしか試食
してませんが、その他のものは、ハタして種が何個
入ってるのでしょうか?

13年の収穫
ハチ植えの禅師丸です。
陽豊の受粉樹として植えたものでした。
メスの花とオスの花が咲くので、貴重な存在ですね!
ついでに人工受粉を何回もして、実を2っ付けて見ました。
左がわの真っ赤に熟したものは、すでに木の上には
無くなってます。もちろん行く先は胃の中(笑)
種が12個入ってましたので・・・大成功(^^)
種の周りはゴマで真っ黒けでした!
ゴマが入ると、ナント甘〜〜〜〜いこと!
種より下のほう(画像では上側)は、ゴマがないので
少し渋いですね。
細い枝に実が2っは多かったかな?
画像の右側には、来年実が付かないことでしょう!
値札がまだ付いてますね!
それを見たら880と書いてありました(^^;アハハ

             





花が咲いても実が付かない。メスの花とオスの花のどちらかしか咲かない。
それから、実が付いてもさっぱり甘くないというようなことがありませんか!
   実の成るくだものは、なかなか難しいので、どんな情報でもお待ちしております。