ハクビシン格闘記


とうとうハクビシンを捕らえた19年8月14日の画像でした。
午前1時ごろ御用になりました。庭先のブドウ棚に仕掛けた
捕獲箱に入ったが暴れて斜めになってしまったのでした。
.
見上げると入ってる入ってる  7月から夜中だけ出没してブドウの
8割方は食われてしまった。ようやく1匹だけ捕まえましたにょ(^^;
.
真下から見上げるとハクビシンはこちらを睨んで威嚇してる様子
.
棚から下ろして、しっぽと胴体が見えるけど、まもなく全体を現すにょ!
.
次の瞬間うちの猫ニャンが威嚇してる〜 7月以来毎晩出没して安眠妨害
猫ニャンでも寝不足でした。あまり近づくと鋭いツメにやられてしまうにぃ〜
.
覆いを取って鼻の頭が白いからハクビシンに間違いない。
最初覆いをしなかったら中々入らないので、黒い遮光シートは
見当たらないから麻袋で覆って見たのでした。
.
これは子供のハクビシンのようだけど、全体は猫ぐらいで、シッポは猫より
遥かに長く、顔が尖って直径5センチぐらいの穴をすり抜ける〜
.
暴れてひっくり返ってる〜 ハクビシンは夜行性で、夜中だけ出没して
葉っぱで覆われたフェンスの巾2センチの上を、ササッと逃げて素早いし
鋭いツメで掴んで木登りとかも得意中の得意のようだにぃ〜
退治するのに、毎晩棒を持って格闘をしていて寝不足寝不足っと(><)
.
目と目の間が赤いのは、オリの中で暴れたからの様子!
.
ブドウだけに出没して、毎晩荒らし回るので、あるとき窓の直ぐ外に甘い
ブドウをぶら下げておいたら、案の定夜中に来たから、窓を開けいきなり
こういう棒(園芸用イボ竹)で突いたら刺さらなかった!!ナント皮下脂肪が
厚いのだろう。しかし2.5メートル下へ叩き落ちて、落ちたところは丁度土
だったから、何事もないようにダダッーーーっと逃げていったことがあった。
.
オリの中にはこういう甘くて美味そうなブドウがあるでヨ〜(笑)
.
こりが捕獲箱の全景だけど、中のブドウを齧って引っ張ると、針金金具が
外れ、バシャンとバネで引っ張ってるフタが閉じる仕掛けでした。
.
こりがヒントを得たネズミ捕りだけど、エサを引っ張ると金具が外れ、
ガイドレール付のフタが閉まる仕掛けは今も同じようで、30数年前の
独身貴族時代に実際に使ってネズミを捕ったのでした。
.
この捕獲箱で一番重要なブドウを引っ張ると針金金具が外れる仕組みは
解ったでしょうかにぃ〜  ここのところがサンザン苦労して、鉄工所に
持ち込み、溶接とかしてもらった苦心作だにゃ〜
(なんせ単純な構造が一番良いのは今の世でも同じようだと言うこと)
.
市役所に電話すると鳥獣保護員が受け取りに来るという情報は
前もって持っていたので、市役所に電話したら、担当係員が直ぐ来て、
ケガとかしてる場合は鳥獣保護員だが、ケガしてないから担当係員が
持って行って、山に放して来ると言う。山に放すといずれ里に下りて来て、
畑を荒らすのは解ってはいるが、鳥獣保護条例とかあって直ぐに処分は
できないようだ。子供のハクビシンだから山の中でいつまでも暮らせよ〜
と、見送ったのでした(笑)(片道30分の距離では山奥の中ではなさそう)
もぅ一匹親ハクビシンを掴むまでは、まだまだ格闘は続くのでした・・・