アメリカ・ザクロ
    9月  -  品種のその名はカリフォルニァ
日本のザクロは酸っぱくて生食できま
せんが、このザクロは日本のものよりは
甘いですね。
ザクロのツブに、女性ホルモンのエストロゲンを
たくさん含んでいるので、ホルモンのバランスを
取り戻すのに、ザクロはいいようです。
                                         
去年よりは大きな実が付きました。
完熟して、ザクロのツブが落ちそうな状態が
解りますか?
日本ザクロより、はるかにウマイですね!
ただ、種のわりに実が少ないのが、
ザクロの欠点でしょうか!

                  






 ???
    9月   -  これは何でしょう?解かりますか?

品種はラ・フランス      と言えば、
そう、洋ナシが上向きに実が付いたのです。
昨年の台風が来た時に、弱い風でしたが
残念ながら落とされてしまいました。
実は横向きか下向きに付かないと、少しの
風にも弱いものですね。
                                         

                  






アーモンド
アーモンドの花が咲きました。
桃の花とソックリですね(^^;
桃より1回り大きい花がアーモンドでした。
    10月 -  葉っぱといい、実といい桃にそっくりですね!
先端花芽も同じだから、バラ科でしょうか。
桃の種と同じ物が入っていて、それを割ると
アーモンドが出てくるのです。
花といえば、桃の花よりもピンク色が
強いので、桜の花見の次が桃の花見で、
その次がアーモンドの花見といったところで
しょうか!
                                          
アーモンドの実が割れて、今にも種が落ちようとしてます。
真ん中の茶色のものが種です。
桃の種と同じようなものが入っていて、そのなかに
アーモンドが入ってるという、実の大きさからして、
なんとなんと小さいものなのでしょう!


アーモンドを見る

                 





フェイジョア
 11 月  -   南米のブラジル南部からアルゼンチンに
かけて自生してるそうです。
ブラジル南部といっても、日本の九州ぐらいです。
小さな実ですが、パイナップルの風味が
あります。                         
庭先に植えると、冬の寒さで落葉するので、
ハコ植えにして、冬だけ軒下移動してるけど、
毎年実を付けるのは難しいようです。
花びらが真っ白で、めしべが真っ赤なエキゾチック
な変わった花ですね!                                 
フェイジョアの実が付きました。
2年前はたったの3個でした!去年は途中で全部
生理落下してしまいました。
今年はというと、30個成りましたので、
初めての快挙?でした(^^)
今年は―9度ぐらいに成りましたが、軒下移動だけで
落葉しませんね!
根っこはさすがに、永久凍土状態でしたが、
―10度に耐えるというのは、ホントの話ですね(^^)
今10月末に収穫しました。
ごらんのような小さな実ですが、パイナップルの風味が
あります。
10日ぐらい追熟したほうが良いようです(^^)
マンモスとい品種はもっと大きいようですが、自家結実性が
ないので、受粉樹が必要です、


13年の収穫

              







ナツメ
    11月  -  たわわに実ったナツメ。
花が咲くのが一番遅い6月なので
夏芽からきた名前とか!
リンゴの風味のする小さな実ですが、
最近あまり見なくなりましたね。
朝鮮半島には、今でもあっちこっちに
自生していて、干して冬の保存食に
してるとか。    
                                      
種を見る   

                   







ヘーゼルナッツ
    12月  -  昔昔、仙人が食べて生き延びたという伝説の
ヘーゼルナッツです。
1本の木にオスの花は咲くのだけど、
メスの花が咲かないんだ・・・・・これが!
オスの花はクルミの花に似てる花です。
ビタミンEを多く含んでいるので、
老化防止になるようなので、早く食べて
仙人の気分を味わいたいものです!!
                                         
これがオスの花です。
これでも一応花なんですね!
クルミのオス花とソックリですね。
どうしてオス花だけ咲いて、メス花が
咲かないのでしょう?
オスの花が長〜くなった3月末の姿です。
だいぶ花粉を飛ばしてるようですが、
残念ながら、この下にメス花がな〜〜〜い!
メスや〜〜〜い!

                 







パッションフルーツ
      月   -     発芽してから1ヶ月過ぎたパッションフルーツです。
発芽率は旺盛で、生ゴミ堆肥からも発芽してるから、
かなり繁殖力がありますね。
成長力もドンドン延びるつる性なので               
行燈仕立てが良いようです。
発芽から3ヶ月過ぎて、まもなく冬を迎える
10月末の状態です。
右巻き、左巻き、グルグル蒔きですね!
葉っぱが薄いので、果たして1〜2月の
寒さに耐えられるでしょうか!
ご覧のような6月半ばの姿です。
下半分枯れて、葉っぱがなくなったほうが
元気良くなるとは、まか不思議!
アララ!花が咲いたよ7月半ば!
1年で花が咲く予想はしてなかったので、
花の中をグルグル忘れてしまった!
1晩だけ花が咲いて、やっぱり3日後には
花が落ちて着果しなかったけど、
来年は○になることでしょう!


拡大画像

                






イエローストロベリーグァバ

      月   -  発芽まで1ヶ月かかったイエローストロベリーグァバ!
そして、発芽してから1ヶ月過ぎた状態です。
虫眼鏡でも、ハイお貸ししましょう(笑)
高さ1.5センチで、本葉3枚の大きさが5〜6ミリと         
とてもトロトロ成長ですぅ。 
真冬には室内に置いて、時々日光浴と外の風に
当てますが、冬越しの行方はいかに〜
別名、君野伴二郎君はどうなる〜
その後2ヶ月過ぎた10月末の状態です。
高さ5センチにようやく成長?しました。
1年でも10〜20センチと言うので、
こんなもんなのでしょうね!
葉っぱは少し厚いので、たぶん冬越しは
大丈夫でしょう。
ハチの周りに見えるのは、防寒対策の
厚手のビニールを巻いてるところです。
一冬過ぎて4月末の状態です。
高さ40センチになりました。
まだまだヒョロヒョロだから、今年一年養分を
蓄えて、来年花芽が付くかな(^^;



拡大画像

                 







パパイヤ
      月   -   すぐ発芽するパパイヤ!
毛が生えたような変わった種ですが、すぐ発芽するし、
ドンドン成長して、2鉢共、同じように延びてます。
甘く美味しい果実は、果たして何年後?
10月末の状態で、高さ35センチで
直径50センチです。
10月に入ってから、もう延びないし、元気が
少しないようです。
下のほうの葉っぱから、少し黄色になって来ました。
一番薄い葉っぱだから、冬越しで落葉しそうな
気がしますね!
落葉しても、来春別な葉っぱはもう出ないかな?
あああっ!
とうとう葉っぱが、1枚となってしまった1月末の姿です。
最後の葉っぱに触るとポトリと落ちそうですね(笑)
まつごの水と言いますが、雪の上で、“まつごの雪”の
ように、思い残すことはないことでしょう!

                  






ライチ
      月  -   これも発芽して1ヶ月過ぎたライチです。
最初は、竹の葉っぱかと思ったほど、柔らかくて
細長い葉っぱが出て来ました。
その昔楊貴妃が目の色を変えて、好物にしたところから
国が滅んだという、伝説のライチでしょうか!
確かに甘い果実ですが、国が滅ぶほど熱中する
果実かどうか?
その昔は、このぐらいしかなかったということでしょうか!
その後2ヶ月過ぎても、あまり変わりませんね!
延びないので、果樹には初めて化成肥料を
与えてみましたが、延びないものは延びませんね(笑)
反面、葉っぱの先端から茶色になって来たのが
解りますか?
色気もだいぶ悪くなってきましたね!

                   






アボガド
     月   -   これは発芽して2ヶ月過ぎたアポガドで、高さ30センチに
なりました。
薄い葉っぱですが、なかなか硬くならないので、
冬には持つかどうか!
室内でも氷点下になると危ないカモ!
その後2ヶ月過ぎた10月末です。
高さ50センチになりました。
デモ、葉っぱの数がさっぱり増えてませんね!
枝も太くならないし、ヒョロヒョロアボガドですね。
無事越冬した4月末の姿です。
冬の間の日照不足を取り返そうと、
日に当てたところ、葉っぱの先が茶色に
なって、次々と落葉して、上だけの
葉っぱになってしまいました。
これが最後の見納めになるきゃな(^^;トホホのホ

                 







キワノ
     月   -   キワノの種を蒔いたのが3月20日の春分の日でした。
加熱して2週間で芽が出ました(^^;ヨン
右がキワノで左がキュウリの芽でした!

見ただけでは区別が付かないから、
ウリ科のようですね。
4月中旬に本葉2枚となりました。
これなら年内に実までたどり着きそう80%でしかね?
花が咲いたよ6月半ば過ぎ!
キュウリの花と同じだから、やっぱりウリ科の
ようですね。
キュウリと同じに、ドンドン成長するのかな!
7月半ばには、葉っぱが枯れてきて、
早くも収穫しました。
キワノとセンポウ・ディアですが、隣同士に
植えて、つるが絡め絡まれ(笑)
どっちがどっちやら?

拡大画像

                   





センポウ・ディア
     月   − アフリカ原産と言うセンポウ・ディアですが、
↑のキワノと同じ葉っぱですね!
見本の紙の大きさの実がホントに
とれるのでしょうか!
1ハチ480円とは、ビックリする値段でし。
大きな実が収穫出来るかどうか
乞うご期待(^^)
実が大きくなってきた7月上旬でした。
不気味な縞模様になって来たけど、
キワノとソックリでしね(^^)
なんと種が多くて、実がさっぱりな〜い!
甘くもなく酸っぱくもなく、
味がまったくしましぇ〜んね(><)
生のキュウリのほうが、食べなれてる
ので、まだましかいな(^^;アハハ

                





                 

マンゴー
     月    - マンゴーの発芽に成功(^^)
芽出しに3連敗で、芽が出たものをもらって、
生育にも失敗してるので、合計4連敗中でしたが、
5回目に見事に成功したようです。
直射日光に当てたら、直ぐ真っ黒になるので
柔らかい光のもとで、風通しも良くと
なかなか難しいマンゴーの芽だしでした!

その後、葉っぱ2枚目が出て来ない〜
ううぅぅぅぅ5連敗だ〜〜〜い(泣)

                      




ドラゴンフルーツ(ピタヤ)
     月    - サボテンの一種のようです

種マキマキ栽培日誌

やり直し2005






ペピーノ
      月   - とうとう着果して/パチパチパチ
新梢が延びてるうちは、なかなか着果しましぇん!
トマトトーン一発必中で行かないと、2回3回と使っても
×のようダニ!
耐寒性はパッションぐらいかにゃ〜
着色して来た9月末の画像。
食いごろが解らんにゃ〜
3本植えて着果したのは2っだけで、ご覧のように
大きくなったのは、たったの1個だけじゃけど
そろそろ食ってみる(^^;ダニ
親木越冬は3本のうち2本だけにしまする。


ガブリッの味は




ポポー
       月  - なかなか芽の出ないポポーの種蒔きはこちら




ヒヨコ豆
      月   - 緑レンズ豆は、花が咲く前に
どういうわけか枯れてしまったので、
ヒヨコ豆栽培はこちら





 最後に猫とくだものと、いったいどういう関係があるの?    
 と疑問符が付いてるでしょうか。
 キュウイの根っこを猫がかじって、ウットリとしてますね。
 幹はかじりませんから、根っこにマタタビと同じ成分が
 凝縮してるのかも知れませんね!
 基本的に猫は肉食獣なので、野菜とかくだものは食べません。
 野菜とかくだものを食べて大きくなった草食獣の肉を食べるのが猫だから、
 間接的に猫もくだものが好きといったとこでしょうか!どうでしょうか?