栽培




4月も半ばになろうとして
芽が動くのが一番遅い
柿が動いて来ました。
夕紅よりも陽豊のほうが
少し早く動きます。
4月下旬にはとうとう
展葉期を迎えました。
しかし、平年は5月の
展葉期だけど、今年は
何でも早いのでした。
5月初めには摘果の
シーズン間もなく来たる。
今年はなんでも早い
早い早い!
5月半ばにはとうとう
摘蕾の時期と言うか、
摘果の時期来るでした。
幼果の位置がこの画像
では解りづらい
ことでしょう。
葉っぱが小さい部分は
実が大きくても摘み採る。
それから後から後から
蕾を付けるが、後から
咲こうとしてるところは、
実が小さい傾向がある
(養分配分がイマイチ)
ので、新梢の先端に
付くものは全て欠きとる。
この画像から4新梢4果
採りだけど、最終2果採り
ぐらいにするのでした。
出荷する栽培法では
4〜6果採りぐらいで
しょうか?どうでしょうか?
幼果肥大中の5月末でした。
ここで6月の状態だけど
結構高くなったので、
人工授粉は届かない
高さになりました。
7尺脚立の一番上に
乗っても上のほうは
届きません。
柿の人工授粉て解りますか?
その内容はこちら
柿らしくなってきた
6月下旬でした(^^;
その後8月半ばの画像。
収穫を1ヶ月後に控えた
10月上旬だけど、
着色開始したようです。
11月上旬に収穫期を迎えた
陽豊が採れました。
1本の柿の木から
採集コンテナ4っぐらい
採れましたにょ(^^;
個数で言うと300個ぐらい
なのかどうか数えきれまへん!
キロ数なら100キロぐらい
でしょうか?どうでしょうか??
それから毎年このぐらい
採れてるけど、裏年も表年も
なく平均的に採れるのが
柿栽培なのでしょうか?
どんなもんでしょうか??
陽豊より少し遅れて
収穫する夕紅が採れました。
少し扁平な柿だけど、
とにかく赤〜〜〜〜〜〜い
柿でした(笑)