7F   建物の結露について 内外の温度差で起きる結露には、目に見える表面結露と、
壁の中とか天井裏とか目に見えない内部結露があります。
結露はカビの原因にもなりますので、健康的で長持ちさせる
建物にするには、結露対策が必要です。
木造と鉄骨造と鉄筋コンクリート造を比べた場合、一番
結露するのが鉄筋コンクリート造です。
結露防止には、内外の温度差を作らないのが肝心ですね。
外壁、床、屋根には、断熱材が必要ですが、その種類と
厚さと、その施工方法がたいへん重要です。
開口部の断熱が必要ですが、アルミサッシは熱伝導率が
大きいので、外気を直接伝えてしまい結露してしまいます。
樹脂製サッシでも結露しますから、サッシの内部に
発泡ウレタンを充填するのが、結露防止になります。
結露受けがあるサッシを使用することをお忘れなく。
ガラスも1枚ガラスでは結露しますので、2枚ペアガラスの
複層ガラスにすると、内部空気層により、結露防止と
冷暖房効果がぐ〜んとUPします。 
換気も大事ですが、冬の寒い時に窓を開けるのは、なかなか
回数多くはできませんね!
除湿機を使うのもいいようですが、冬のリビングは逆に加湿
ではないかとも思います。
室内に洗濯物を干すと、湿度が上がって結露の原因
なることはいうまでもないですね。              
          
 6F   屋根の雨漏りについて いつの時代になっても、屋根の雨漏りがありますね。
屋根には、瓦などで葺いた勾配の有る屋根と、平らな陸屋根
と、長い金属系材料でごくゆるい屋根と、かまぼこ状の
ドーム型屋根があります。
屋根材料には、陶器瓦系と、アルミとか鉄板の金属系と、
スレート系と、陸屋根用のアスファルトとかゴムシートの
防水系があります。
構造的に、木造でも鉄骨造でも鉄筋コンクリート造でも
ログハウスでも、どういう形の屋根でどんな材料を使って、
どんな施工をしたかで、雨漏りになるようです。
ここの天井から雨漏りがするので、その上の屋根を見ても、
なかなか原因がつかめないものです、
水は高いところから低いところに流れるものでもなくて、
3メートル、4メートルも回って出てくるのです。
瓦をとりあげてみても、瓦の割りつけによっては、重ね寸法の
不足により、ゴミなどが有った場合毛細管現象と、そこに
勾配がもともとゆるい場合は、雨漏りになるわけです。
いくら瓦を見まわしても漏水の原因がわからないものです。
陸屋根のゴムシート防水は、冷暖房の屋外機とか、植木鉢
とかが置いてあった場合、シートとシートの継ぎ目の接着剤
が水分により劣化して、勾配が少なくて水溜りが出来てる
ようなところは、とても10年持ちません。
樋については、屋根と屋根とのあいだの樋の、谷樋が
いちばん雨漏りしやすいところです。
樋の掃除といってもなかなかできるものではないので、
樋の幅と高さを大きすぎるぐらい大きくとって、材質も銅板
とか、ステンレスでなくとも、耐酸性のある鉄板にしたい
ところです。
 5F   軒先の出について 軒先というと、雨宿りとか、なにかを干すのに良いとか、
思い浮かびませんか。植物の軒先移動にも必要ですね。
古風なところでは、風鈴を下げるとか、ハエ取り紙を
下げるとか!
この軒先の出が、高温多湿の日本の気候風土にとって、
たいへん重要な役割を果たしています。
外壁が真っ直ぐで、軒が出てない陸屋根の場合を考えて
みると、雨、雪が直接外壁に当たります。
そうすると、内外の温度差が大きくなって、外壁の内側面に
結露するわけです。
鉄骨胴縁がある場合は、その胴縁に接している以外の面に
内外とも特に結露します。
内部結露は、壁の中なので見えませんが、外部面は
はっきりと見えるわけです。
そうすると、外壁の材料の防水性も早く失われ、耐候性の
ある材料といえども、劣化を早めるわけです。
木造住宅でも、2階の屋根は出ているけど、1階の軒先が
無い場合がありますが、この場合は下のほうの外壁が
陸屋根の場合と同じように、雨、雪が当たります。
軒先の出の長さについて、木造住宅の場合は、通常
60センチです。
場所によっては45センチ程度もあるでしょう!
出来るものなら、90センチほど取りたいものですが、
タル木という下地の木材が、大きいものに全面になる
ので、材料費が割高になります。
建物は北側いっぱいに建てる場合が多いので、軒先の
雨樋の先端が、隣地の境界いっぱいになることがよく
あります。
雪止めの金具をつけたとしても、風向きによって、雪が
隣地に落ちるので、建物の配置とか全体計画を、
当初において十分検討する必要があります。
 4F  コンクリート・モルタルの
 クラック(ひび割れ)
 はく離(はがれ)について
  
@コンクリートのクラックについて
建築材料の代表的なものに
木材は腐りやすい
鉄は錆び易い
コンクリートはひび割れが生じやすいということがあります。
ひび割れが発生すると、破壊のイメージにつながるという、
人々の不安や、危険を感じさせるかも知れませんね。
原因には、設計上、施工上、建物の使用上、コンクリートの
材料の性質上などがありますが、ここでは性質上のみを
考えてみることにします。
a コンクリートの収縮乾燥によるもの
b 温度差による体積の変化による伸縮
c 湿度差による体積の変化による伸縮
コンクリートは、セメント、水、砂、砂利、混和剤を練り混ぜる
ものですが、コンクリートが固まる上で、水が出ていって
収縮の「ちぢみ」ます。ちぢむのでひび割れが出来ます。
ひび割れを完全になくす事は出来ませんが、ひび割れを
集中して発生させる、誘発目地をとるのが有効なようです。

Aモルタルのクラックについて
コンクリート面にモルタルを塗った場合は、モルタルが固まる
上で、水が出ていって収縮の「ちぢみ」は、コンクリートと
同じです。
すでに固まってるコンクリートは、それほど収縮しませんので
モルタル自体のひび割れと、コンクリート面とモルタル面の
下地に拘束されたままの、ひび割れがおこります。
目に見えないひび割れを含めて、モルタルを塗れば
クラックが入るのが常のようです。
下地とか塗り方は専門的なので省略します。

Bコンクリートのはく離について
原因として考えられることが
a 内部に入ってる鉄筋の錆び
b 鉄筋から表面までの、コンクリートのかぶりの不足
c 水などによる侵食
d コンクリートを打ち込んだときに出来る、ジャンカの補修
e 何かが振動しての、繰り返し振動によるもの
f コンクリートとコンクリートの打ち継ぎ部分
などが揚げられます。
コンクリートのはく離は、施工上によるものが多いようです。
といっても、最近特に問題になってる土木工事の、打ち継ぎ
部分のはく離落下は、打ち継がないわけに行きませんので、
なかなか難しいテーマのようです。

Cモルタルのはく離について
モルタルが硬化して強さを増した塗り層の収縮力が下地と
塗り層との界面の結び付きを破壊し、ひび割れが広範囲に
広がっていったときに、「ウキ」が起こります。
「ウキ」がしばらく続くと、重さに耐えられなって、はく離の
はがれ落ちるわけです。
モルタルのはく離は、コンクリートのはく離以上に、避けて
通れませんので、コンクリート打ち放しとして、モルタルを
塗らないのが良い方法のようです。
 3F  動線の長さについて 動線は人の動き、物の動きを線で現わしたものです。
動線は短くてシンプルに!在りたいものです。
   (廊下・通路を少なく)
範囲が広くなるので、ここでは専用住宅にしぼって
考えてみたいと思います。
動線がもっとも多く交差するところが
a 玄関ホール廻り
b リビングへの出入りの関係です。
もっとも一般的なタイプは、玄関の次にホールがあって
ホールから、リビング、キッチン、共有スペース、個室に
行けるタイプです。
リビング中心タイプは、玄関の次にリビングあって、
リビングから、ダイニング、キッチン、共有スペース、
個室に行けるタイプです。
廊下・通路がもっとも少ないですが、リビングから各部屋
への出入り口が多く、動線が交差しやすいですね。
いずれの住宅でも、家族間のふれあいや、連帯感を
失うものであってはならないと思います。 ip
 2F  テヌキについて 大量消費の時代を過ぎて、消費低迷の時代が
長く続いているこんにちです。
建物を巡るトラブルも増えてると思われます。
鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造とありますが、
ここでは、木造に絞って書くことにしました。

実際にあったことを書いたほうが解かり易いと思います!
ある木造の1戸建て専用住宅の建築主さんより、
依頼がありました。
建築業者との間で調停に持ちこむ住宅があるので、
見てほしいという依頼でした。

行ってみると、敷地面積80〜100坪で、建物面積
50坪ぐらいで、庭が広々としてました。
外観上はまったく普通の、1戸建て木造2階の住宅です。
細かく見ると、あっちこっちに問題がありました。
ここでは、特に大きい4項目を揚げます。

@基礎
先ず外回りを一回りして気が付いたのは、基礎に
クラックが入っていて、一部の地盤が下がってる、
不同沈下してるのではないかということです。
そこでスコップで掘ってみました。
すると、基礎の形が垂直だけの基礎でした。
建築主さんと話しをしてるうちに、古い家を取り壊して
建て替えたもので、前より盛り土をして、地盤を高く
したので、古い基礎は壊さないで、その上に盛り土を
して、基礎を作ったらしいことが解かりました。
外回りを掘ったときは、古い基礎は出て来なかったので
見られるところは壊したかも知れません!
それでも基礎の形が逆T型の鉄筋入り基礎だと、
かなり有効ですが、鉄筋はどうでしょうか?
たいへん重大な瑕疵(かし)ですが、当時の写真とかは
特に撮ってないということでした。

A軒先の天井
下から見上げる軒先の天井が、木目模様をしています。
これはプリント合板といって、ベニヤ板です。燃えますね。
通常防火板という、燃えにくい材料を貼るのですが!
火災の現場を直接何回も見てますが、この軒先の天井から
火が出るように、延焼し易い部分です。
自分の家も燃え易いし、隣の家からの火災にも、
燃え易いという意味ですね。
それともう一つ、換気口がありません。
通常穴がたくさん開いてる、有孔ボードというものを
何メートルに1枚貼るのです。
夏暑い暑いと言ってましたが、これが原因のようです。
今となっては、貼り替えというよりも、換気孔を細かく
入れるべきです。高耐久性木造のように、計算値より
多めに入れるべきと考えます。
これは、テヌキというよりも、木造の建物というものを
あまりにも知らない、お粗末の業者のようです。

B床板の下地の根太(ねだ)
外部の次は内部の床下を覗いてみました。
床が板貼りの場合の根太のピッチは30センチです。
タタミを敷くときの、ベニヤ板のときは45センチです。
板貼りのときは30センチで良かったのですが、
その根太と根太との下地の、根太掛のピッチが通常
90センチ以下のところが、120センチもありました。
少し大きい根太の材料を使ってるようですが、
どんなもんでしょうか、細かいところまで全部見たいと
思いました。
そして、床板の厚みが12ミリあるのでしょうか?
9ミリだと、完全にテヌキですが、あっちこっち歩いてみた
ところの印象では?でした。
床板の厚みですが、9ミリの場合は、いずれたわみが出て
きて、何年か過ぎると、床が抜けそうになります。
通常は12ミリです。
15ミリを使っても、表面の磨耗度は変わりませんね。

C天井裏の金物
続いて天井の裏を覗いて見ました。
すると、断熱材がありません。天井の裏に、グラスウールの
100ミリを入れるのがいいですが、最低50ミリは必要です。
それを入れない場合は、瓦の下の野地板を断熱野地板と
する方法もありますが、普通のベニヤ板のようです。
これだと、外壁の中にも断熱材が入ってない可能性が
ありますが、これは壁をはがさないと見えないですね。
夏暑い暑いと言ってたのは、ここにも原因があるようです。
そして問題の金物です。天井裏には、小屋梁とか、
母屋とか、小屋束とか、屋根を支える材木があって、
それぞれを補強してる金物があります。
先ずそれらの構造材の切る寸法が、正確でないので、
寸法が短かかったり、少し長く切ったので、口があいて
いたりしてます。
そして問題の金物ですが、補強金物が少ないし、釘の
打ち方とか、本数とか、金物の向きとか、まったく
デタラメでした。「見えないところで」の仕事のようですね。

以上が特に大きい4項目でした。
テヌキには、問題が割合少なくて、修理も効くものと、
手を抜いてはならないところを、テヌキすると、
取りかえしができない、構造的欠陥となって、致命傷に
なるときがあります。

x
 1F  よりよい建築空間を求めて
青空のもとにおいて、壁があるなしにかかわらず、
屋根があるということは、そこに建築空間としての
利用目的が生まれます。
建物の本来の意味は、建築空間にあります。
建築物の機能を満たすだけでなく、横への広がりや、
あるいは縦への広がりや、開放感といった目に見えない
要求に応える空間の創造が必要だと思います。

その空間は、使う人の感覚になることが
大切だと思います。

活気のある空間、やすらぎの空間、明るい空間と言った、
内部空間に光をどのように取り入れるかが、
建築の醍醐味です。

たとえば、傾斜地に建物を建てる場合、ヨー壁により
切り土、盛り土をして、平らな土地にするのも
一つの建築です。
傾斜を生かして、床を階段状に配置した、
スキップフロア型式の建物も、また一つの建築です。
こうすることによって、どこの建築空間にも
自然の光を取り入れることができるのです。

1級建築士は、通し番号では20万人を超えました。
建築関係の法を遵守し、多様化した時代のニーズに
応えるべく職種が、そこにあるのです。