キクラゲ菌床栽培



アラゲキクラゲの原木栽培を
してみたところ、3年目に
ようやくチョビットだけ出ました。
発生温度は高く湿度や環境と
キノコ栽培ではチョーA級栽培
品種なモ〜で、この菌床栽培
にて、もう一杯/ウィ〜を
やってみるのでした(笑)
袋から取り出す前だけど、
画像右側には水が入っているが
水の状態は見づらいと思う。
全容を現すのはまだよまだまだ、
なかなか手の内を明かさない?
とうとう袋から取り出した画像。
水に漬けてるがなかなか
水を吸い込みませんにゃ〜
その後乾燥する7月なので
新聞紙で包んで、画像右の
スポイトで水遣りをする。
しかし発生温度が高いと
言うことは、7月で調度良い
わけであるが、乾燥するから
この問題をどのようにして
クリアするかは、やっぱり
チョーA級栽培品種でんな〜
湿度を上げるには、とうとう
浴室行きとなったが、
10日以上過ぎてようやく
画像右側面に小さなキクラゲが
出てきたが、この画像では
よく見えない。
その後20日過ぎて
出た出た出た〜〜〜
耳のような形でしたにゃ〜
これがコリコリして
美味いのなんのって(^^;
なんと言ってもこれがないと
どうにもなりませんて(笑)
ウィスキー水割りだけど、
ホワイトを10数年
レッドを20数年
紅白で縁起が良いぞえ〜
(また書いた)
もう1杯カチン/ウィ〜