米糠の除草効果について



土表面に米糠を薄く散布して軽くすきこむと、土着菌(好気性菌)は米糠を
エサにして急激に増殖して、好気性発酵が急激に起こり、土表面が
強還元(酸欠状態)になり、雑草が生えにくくなるようです。
さらに、醗酵段階第2段階の乳酸菌による発酵により生じた乳酸を
雑草が根から吸収して雑草の生育を抑制します。
発酵が終わると、酸欠状態がなくなり、作物にはほとんど影響しないようです。
その上、米糠は野菜の食味を向上させる(リン酸効果)
こともあります。乳酸についてのもっと掘り下げた効果は、今後の課題と
しますが、野菜畑、果樹畑、田んぼについてそれぞれの追跡効果を眺める
ことにしましょう(^^)


乳酸菌の拡大培養は
こちら


先ずは野菜畑の中で、
畝の上だけ米糠を蒔いた状態。
畦間には蒔いてない。

畦の肩には蒔いてないので、
早くも雑草がチラホラ!
尚、畦のピッチは1.2メートル
でした。
野菜畑は刻々と変化しますにゃ〜
トンネル掛けたり、土寄せあるものは
V字溝肥として少し低く植えるし、
畦の上の様子はなかなか
捕らえられません!
ジャガ芋も発芽がそろった
5月始めだけど、ビニールトンネルを
掛けると、表層米糠効果で
2ヶ月過ぎても土がフワフワの
フワーーーが解りました(笑)
除草効果は1ヶ月は持たない
せいぜい3週間は同じだけど、
なんせ土作りには米糠効果は
かなりありまっせ〜
畦間だけ米糠を蒔いた状態。
畦の玉ネギには蒔けない。
(この状態では)
こちらも畦のピッチは
1.2メートルでした。
米糠を蒔いた畝間にも雑草が
チラホラと見えてきたにぃ〜
1ヶ月過ぎると効果が薄く
なって来るようだから、
もう1回だけ米糠を蒔いてみよう(^^;
アヒィ〜
こっちの玉ネギ畦の様子は
どこでも雑草が伸びてる〜
特に左畦では雑草だら毛で
玉ネギが見えませぬ(><)

尚、玉ネギは長期保存品種しか
植えませんので、現在(4月半ば)
では、あまり伸びていません。
年内化成肥料追肥1回と、
年が明けて1回の合計2回
だけです。
リン酸肥料は合計3回追肥します。
それが長期保存(3月まで)する
追肥のやり方ではないかと・・・
(要するにチッ素分は最小限として
根の吸収養分肥大を重視する)
中には追肥をバンバン与えて
早く食いたい食いたいとか、
大きく大きく作る玉ネギ栽培法は
何年過ぎても理解しがたいのぉ(笑)
雑草だら毛の画像が多いなんて
言われそうだから、収穫期の玉ネギの
画像でも載せるのでした(笑)
玉ネギ800本植えて、どのぐらいの
キロ数が採れたのか、一回も測った
ことがなかったので、今年は総数量を
測ってみるんでやんす(^^;
今年はトウ立ちが多く、極端な暖冬で
どこの畑でも1割ぐらいはトウ立ちが
あったんでにゃいかにゃ〜
こちらでも1割以上次々にトウが立ちました
にゃ〜
しかし、トウが立ってもこのぐらいの肥大が
あれば、味はイマイチにはならないし、
トウが立ってネギ坊主が出そうなら、
なるべく早く摘み取って、それから
なんといってもリン酸肥料の使い方では
ないかと思うのでした(^^;
こういう採集コンテナに10個採れましたにょ!
玉ゆたか   89個  24キロ 1個当たり270グラム
アタック   321個  93キロ       290グラム
ネオアース 180個 70.5キロ      392グラム
トウ立ち   106個 32.5キロ      307グラム
   (ネオアースが多く玉ゆたかはほとんど無かった)
合計     696個  220キロ   平均316グラム 

植えた本数
玉ゆたか 130本 植えた本数に対する収穫率 68%
アタック   400本                  80%
ネオアース 270本                  67%
総合評価は   ネオアース ◎
          アタック   ○
          玉ゆたか  ×

アタリヤ農園の玉ゆたかは発芽率とか生育率とか
収穫率とか、玉の肥大とかどれをとってもペケでひた。
800本も植えて合計700個も収穫して、運搬に
チカレル(^^;ビ〜   てなわけで、今年こそ1000本
目標なんて思っていたが500〜600本植えぐらいで
止めとこ。玉ネギ200キロの運搬はて〜へん ダァ〜
果樹畑ではどうか
果樹の回りだけ米糠を蒔いて
軽くすき込んだ状態。
草生栽培だから、雑草の中に
米糠を蒔いても効果無さそう!
画像では見えてないかも
知れないけど、稲藁を敷いて
程よいケイ酸の補給を
しているが、米糠の効果は
今後の追跡とします。

尚、草生栽培とすると温暖化による
干ばつが来ても、水不足の
センサーとしてひと目で解るし、
何と言っても雑草の根を始めとしての、
団粒化構造の腐植を増やす土作り
真っ只中でした。

それから水田については、5月田植えの
6月米糠蒔いて除草効果を確かめることになるよう
です。
(いきなり米糠に100%たよるには
どうかということ)
田植え後
18日目に米糠を、
蒔いた状態。
水を入れながら
でも、なかなか
拡散しない
ものでした。

1箇所2本植えで
坪当たり40本
ぐらいの、今年も
疎植でした。
1反当たり
100キロ
ぐらい蒔く
予定だったが、
70キロぐらいで
止めといた
のでした。
米糠を蒔くと、表層1〜2センチに埋没してるヒエ、アゼナなどの発芽に酸素が必要な雑草は、
強還元(酸欠)で発芽しにくくなる。コナギ、ホタルイなどの発芽に酸素が必要ない水生雑草には
発芽阻害されなく、逆に発芽促進するものかどうか?
米糠の施用量によっては3週間ぐらい効いてるようだが、どこでも効果があるとは限らないようである。
荒代の湛水時期に米糠を撒き、還元状態にし酸素を必要とする雑草の発芽を抑え、
田植え後に再び蒔いて還元状態にし、酸素を必要としない雑草を叩く。
浮き上がった雑草には乳酸などの有機酸で叩くのが有効かもしれない。
去年と同じ
6月30日の画像
だけど、水口の
あたりが特に
イマイチ成長
でした。
水口から米糠を
流し込んだから、
米糠が沈殿し、
強還元(酸欠)に
なり、一旦稲が
倒れてしまった。
尚、ここから4条
刈りコンバインが
下りていくための
スロープでした。
今年は米が
採れないと
言われては大変
とばかり(笑)
6/30の画像。
今年は奥の方の
(米糠蒔いた1枚)
葉色が濃くなって
しまったにぃ〜
隣と比べると
かなりの違いが
解るかにゃ〜
濃くなっても
去年と同じように
1株も倒さないと
思うにょ(^^;
冬季湛水水田としたわけだが、1年目だけではトロトロ層はできなかった!
水中醗酵と腐敗とは全く別物だが、今年は前回のことを踏まえて前進あるのみ(笑)
技術的なことはまだイマイチ書かないが、土の色はかなり黒っぽく(腐植が増えた)
なったし、なんといっても1年だけでオタマジャクシは相当増えたし、微生物を増やして
自然耕起のほうは向いてると思う(笑)
↑ 2枚目の水口の画像で、カキカキの欄が少なく省略したことだが、
水口には米糠が沈殿し、異常にオタマジャクシが集まって来て、水面に浮かんで
酸素吸入をしていたが、米糠水中醗酵してオタマジャクシの好きな藻とか発生して
それをエサにしていたようだ。
エサを食いたいのか酸素不足になるのが早いのか、そのへんの生物の観察は
見逃さないのでした。
(オタマジャクシが集団で集まって来て、酸素不足にもかかわらず
よっぽど美味いエサなんだろにぃ〜・・・米糠効果の1面を見たような気がする)
落水した9月末の
画像だけど、
今年の収量が
楽しみにょ(^^;
画像奥のほうが
米糠除草を試した
わけだが、少し
緑色が濃いけど
1本も倒さないし、
手前より増収だ
にぃ〜
直ぐ手前が南側で
ツンツン鳥にやられ
頭を垂れる稲穂に
なってな〜い!
北側水口のあたり
は、特に水温が
低いから、出穂も
遅いが、ご覧の
ような稲穂に
なりましたにゃ〜
画像左が東だけど
水面の稲藁が
季節風の西風に
乗って堆積し、
醗酵でなく腐敗
してしまったので、
今年は年内耕起
してから水を
入れて見よう(^^;
その後10月
初めの画像。
画像右側が
米糠除草を試して
左側がそのまま
だけど、右側が
少し濃い緑色が
これでは解らんの
でした。
それに右側が
斜め45度ぐらいに
なってるが、
これまた解らん
と思う。
画像奥が隣だけど
同じような色気に
しか写りません。
その後今年の反収は7俵でした。冬季湛水水田1年目では醗酵側より腐敗側になったようで、
それから除草剤の欠株も多かったのが原因のようでした。冬季湛水水田では土は柔らかに
なったし、コシヒカリの茎が柔らかくなり斜め45度ぐらいにはなっても倒伏には強い様子・・・
冬季湛水水田を1年で止めるつもりは全くないので、これから3年後ぐらいに乞うご期待(^^;