Part 1



サクランボ
  5  月 - サクランボの花が咲きました。
あまり花を咲かせないように、前年から芽欠きをして、
年明けからも貯蔵養分を少しでも節約するように、
芽欠きをします。
摘蕾、摘果をして、程よい実を付けましょう(^^;
         
最近の品種は甘い品種が好まれます。
雨が実に当たると、烈果といって実が割れます。
そこで、収獲期には屋根が必要です。
それと、画像のように実が色づいてくると、
鳥の好物になるので、全面にネットが必要に
なってきます。
サクランボは手間のかかる果樹NO.1です。        暖地オウトウ、ナポレオン、高砂、正光錦、
山形美人、みよし、紅秀峰、筍ブライド、
晶のよそおいの9本になりました。             

                 






   5  月 - 竜峡小梅の実が付きました。
梅漬けのカリカリ漬けはいかがですか!
パリッとしていて、酒の肴に良いですね(^^;
去年は裏年でさっぱり実が付かなかったので、
今年は表年でザクザク成らせてみました。
ということは、来年は裏年120%でした。
カリカリ漬けは断念しました(><)
初挑戦の梅干にしようと、焼酎がないので
食酢を降って梅漬け中でした。
3日3晩の土用干し!
梅干に成功したようです(^^)
どうです、この色気!
ウマソ〜に見えませんか?

                   








アンズ
  6 月 - これはアンズです。
品種は信州大実ですが、当地方では
残念ながら、甘さが出ませんね。
昔、砂糖煮にして、甘〜くて                    
なんとも言えない味を、                       
なつかしく思います。

               






プラム
  6月 -      品種は李王(りおう)
糖度は20度ぐらいあって、甘い甘い品種です。
1本では受粉しないので、別品種の花粉を
人工受粉するのだけど、プラムの花粉は
なかなか少ないので、苦労するところですね。
在来品種の1本でも成るものは 
放任でも、ザクザクとなりますが!ただ甘くない!!
この品種は、かな〜り甘いので、袋を掛けないと
鳥に食われてしまいます。
ブラムの袋掛けって、聞いた事ありますか?                                       

              




フサスグリ
  6月 -  これはアカフサスグリです。
赤い数珠を並べたような小さい実ですが、
半分以上摘果すると結構大きくなります。
生食向きでないので、ジュースなどに加工します。      
同じスグリ属のなかで、グーズベリーの
ピクスウェルという品種は、実が大きいです。

           





ブルーベリー
  7月  -    ←先ずここにマウスポインターを置いてみてください
ブルーベリーの紅葉いいですね!
カエデの真っ赤な紅葉もいいですが、ブルーベリーの 
場合は、葉っぱが厚い分長持ちしますね。
紅葉の先端に小さな花芽があるのが解かりますか?
次の年にそこから花が咲きみだれ、最初は青い実が
赤くなり、やがて青紫色になります。
アイスクリームに混ぜたブルーベリーアイスはいかが!
アントシアニンの青い成分が、パソの疲れ目、
カスミ目にいいようです。
                                         

               





イチジク




  7月  -  



 
品種のその名は、ザ・キング
普通のイチジクは茶色っぽくなって熟すけど、        
この品種は緑色のまま熟す変わったイチジク!
夏と秋に年2回とれる品種もあるけど、
これは夏果専用種。
あまりにも甘いので、上空から鳥が舞い降りてきて
食べられてしまう!
今時、イチジクを突っつくなんて、敵も然るもの!
天敵には防鳥ネットが必要でした。

                  




    8月  -   青い桃が
← はい、赤くなって、食べごろになりました。
品種は紅国見(べにくにみ)
あかつき、白鳳より一回り小さいですが、
甘さだけはN0.1ですね。
あまりにも甘いのでモモらしくない
桃かもしれません。この味を・・・はいどうぞ!
毎年雨が多いので、落とされないように
先ずは土造りから!
今年はワイ性桃の苗木を植えてます。                                       
紅国見を収穫しました。この色付きはいかがですか!
糖度計はないけど、糖度18度というと結構甘い甘さで、
20度というと相当甘いし、22度と言うと強烈に甘い
甘さでしょうか。
最後の完熟して、木からポトリッと落ちるころに
糖度20度を超えたかも知れません(^^)


拡大画像

                  





ブドウ
    8月  -    品種は紅伊豆スーパーで売ってる在来品種。
ジベレリンという、植物ホルモンを使うと
種無しになって、糖度が上がり、熟期も
3週間早くなります。
左側がなにもしないブドウで、右側が
ジベレリン処理をしたもの。右側の
色づきが早いのが解かりますか?
ジベレリンといっても、白い粉を水に
溶かして、チョーカンタンカンタン!
7月末から9月まで収穫して、長期に味わう
趣味の栽培にも良いですね(^^)                        

                





    このへんで休憩しましょう。
    「手抜き」 「ずぼら」 の趣味の栽培で、庭先植え、屋上花壇植え、ハチ植え、
    ハコ植え(採集コンテナ)にと植えてますが、
    畑植えとしてるものは、一応本格的果樹栽培です。
    「味よし」 「色よし」 「形よし」 の3拍子そろった果実がなかなか採れませんが、
    冬の剪定、そして石灰硫黄合剤散布から始まって、毎週殺菌剤散布とか、摘蕾、
    摘花、摘果も重要だし、夏季水分管理とか、夏季剪定とかを経て収穫期を迎えます。
    最近の異常気象では、その年も良くないし、次の年の花芽にも影響するので、
    どのようにして優良果実を収穫するかが考えどころです。