未来博


未来博が7月初めより9月末まで、
福島県中央部の須賀川市で始まりました。
このゲートは高さがありますが、外部に張ってるのは、
建設現場の外部足場の養生に使う、
メーシュのビニールシートでした。
模様は特注シートを接着剤で貼ったようだから、
さすが金をかけないのには○でした。
会場中央部にある集いのみずうみ
ゴンドラはスキー場のものを借りてきたようでした!
これは未来産業館です。
UV塗装カー
こんな車がありました。UV塗装カーだそうで、
漆を含んだUV塗料は、耐候性に優れ
ご覧のような、漆特有のドハデな
“美しさ”のようですね!

なぜだろうのーミュージアム
昆虫の不思議を子供向きのショーにしたようです。
いきもの万華鏡
屋外にはさまざまな生き物も居るようです。
21世紀建設館
未来の住まいの模型です。
玄関には電気自動車が横付けできるようです。
キッチンのカウンターは屋外まで続いていて、
天気の良い日には、屋外で食事が出来るようです。
台所やトイレの雑排水を浄化して、
発生したメタンガスを、エネルギーに変換して
利用する。
在宅勤務などを行う家庭内オフィス空間には、
屋外まで続いたディスクがあり、木漏れ日の下で
仕事が出来る。
地下のエネルギー施設には、電力と熱を自給する
システムがあり、未来の住まいと言った
印象が残ります(^^)
農林水産館
農林水産館
熱帯魚のようです。
乳絞り体験出来ます。
ギュッと握ると、水が出ます。実際の乳絞りは、
したことないけど、このようなものなのでしょうか!
森の中の学校
画像左上に登っていきます。
暑いせいか、ほとんど行く人が居ないのは残念でした。
登りは得意なので、ドンドン登って行きます。
森の中の学校
山を上って行くと、居ました居ました!
里山の昆虫館という、メッシュのシートで囲った中に
カブトムシがかなり居ます。
1匹飛んで来たので、エサ箱に入れてやると、
這い出そうとしてます。
敵ではないんだと言いながら、立ち去りました(笑)
これは何でしょうか?
黄色っぽい蝶々は飛んでいたけど、
オオムラサキと言う蝶々のサナギ?
遊園地のゾーンもあります。
霧の谷
霧の谷というだけあって、霧が出て来たようです。
真夏のドライアイスは涼しそう!
水の惑星 ジ・アース
3D館だけど、水が出来、地球の創造の歴史を
やってるようです。
未来博の中で、一番の人気館のようで、
暑い中30分並びました。上映時間10分では
チィ〜と、物足りない!
裏磐梯にある、磐梯山噴火記念館の3D館では、
頭の真上から噴火した石が、ゴロゴロと落ちてくる
迫力のほうが、1枚上でした(^^;アハハ
木こりの実演コーナー
トーテムポールとか、カナダ産の木を
仕上げてるようです。・・・・・・・・・・
隅から隅まで、2回ぐらい往復したでしょうか!
ゴルフの1ラウンドより歩いたと思うので、
20キロぐらい歩いたようですが、
最後の印象はイマイチ!
10年以上前の、つくば科学万博のほうが
良かったかなと思いながら、
帰り道に付いたのでした(^^)