栽培


これは中果枝だけど花芽が
びっしりと付いてる様子でした。
桃の花芽と葉芽との違いが
この画像からは解りづらい
かも知れません。

枝の先端は頂芽優勢が働くので
切り詰め剪定済みの1月の
画像でした。
中央部分が葉芽で両端が
花芽だけど、桃はこのように
そのままでは花が咲きすぎて
しまいます。

それから枝の表面に白いものが
見えますが、これは石灰硫黄合剤で
年内に剪定と合剤散布を終えてる。
休眠期の合剤散布は、花芽とか
葉芽とか枝の表面に付いてる
病害、虫害を叩くためのもの。
2回目は花が咲く直前の
3月末に散布する。
この散布時期については、地方地方
とか、やり方によって、かなり違いが
あることが解っております。
これがその古くからある硫黄系の
合剤だけど、雨が降っても直ぐには
流れ落ちないし、モチロン展着剤も
使うわけで、大量生産により一番
安価が魅力と言うことでしょうか!
サクランボ、桃、梨、リンゴ、洋ナシ
ブドウの落葉果樹には7倍で散布し、
柿は100倍で散布してます。

中果枝の場合は、先端部分は
全部花芽を欠きとり、もとのほうも
全部の花芽を欠きとります。
これを第1次摘蕾と言います。
短果枝の場合は、枝の充実程度
によりけりだが、全部摘蕾する
こともあります。
次に枝の中央部分のどこに実を
付けるのが良いかと言うと、
横向きまたは下向きです。
葉っぱの光合成で作った養分を
果実に運ぶことを転流と言いますが、
重力の関係で都合が良いわけです。
花が咲く寸前の花芽が膨らんで来た
時期に不要な花芽を摘蕾するのを
第2次摘蕾と言いますが、第1次
摘蕾は1〜2月が効果的でした。
これは昨年植えたばかりの
ふくあかねの画像だけど、
モモ福島1号×まさひめの交配種で
平成18年種苗法品種登録を取得
したばかりの最新品種でした。
福島県内限定販売苗木だけど、
あかつきより糖度が高いと
カタログに書いてあるから
今から収穫時期が楽しみでした(^^;
4月になると芽が動いてきて、
仕上げの摘蕾をするのでした。
ご覧のように葉芽がないところは
全部摘蕾します。
花芽の数もかなり少なくして、
大きな花芽だけ残すのが、
貯蔵養分を失わないやり方と言う
ことになります。
桜の花見の次に桃の花見と
なりますが、さっぱり花を咲かせない
桃の木を見ただけで、
貯蔵養分に関する考えが
パッと見ただけで解ってしまう。
4月半ばには花が咲きました。
ご覧のように花の数はサッパリ
咲かせません。
桜の次は桃の花見だけど、
ご覧のように花を咲かせてしまっては、
貯蔵養分を失って、甘くて大きくて
美味い桃は採れません。
これは良くない見本を載せたと
言うことになります(笑)
桃の幼果が4っ付いてる画像
これを2っにしたところ。
葉っぱの影になって、少し見づらい
ことでしょう!
6月初めには硬核期と言って、
実の肥大が一旦止まります。
種子を覆っているいわゆるカラの
部分の核が硬くなって種子ができる
期間を硬核期と言います。
桃は夏に熟す果実だから、栄養成長と
生殖成長が同時に進み、硬核期までは
幼果がドンドン大きくなりますが、
この硬核期には栄養が種子に向かい
果実肥大はこの期間が終わってからに
なるのです。
ここで6月のふくあかねの画像だけど、
長張りを掛けて4方向4新梢の状態は
少し見づらいと思う・・・
6月末には硬核期を脱した早生種
あるいは半ワイ性種が果実肥大に
突入しましたにゃ〜
ここで、硬核期と言うのは品種又は
早生とか中生とかで大きく期間が
違うことを言っておきます。
その後7月上旬に収穫期を向かえた
半ワイ性川中島白桃
同じく半ワイ性日川白鳳
真っ赤に着色する紅国見
その後の「ふくあかね」の画像だけど、
4年生になりました。
(4方向4新梢・・・葉っぱで見づらい)
成木にはあと1〜2年かかりますが、
本来の糖度と実の大きさには、
あと一息と言ったところでしょうか!