レモンバジル
  NO,1  -   ハーブの苗のレモンバジルです。
シソ科特有の葉っぱに、レモンの香りがあるようです。
繁殖力が強く、こぼれ種から発芽して元気良く増えるようです。
トマトと抜群の相性が良いようですが、
↑上のトマトに、レモンバジルのみじん切りを降って、
ドレッシングで食べると、‘‘イタリアン’’になったような気分?
室内に置くと、レモンの香りからでしょうか、蚊が近づかない
ようです。
よく台所にいる、網戸を通す小さなハエのような虫には、
効果がないみたいです。

                 





朝顔
   NO,2  -   とうとう咲き乱れる朝顔です。
回遊魚の姿が見えないので、港でのおみやげにと、
木くずを土に混ぜたら、塩害を受けてしまいました。
なかなか咲かない花でしたが、お盆を過ぎてようやく
遅咲きの狂い咲きです。
1っの蕾から3っほど蕾が付いてるので、10月初めまで
咲いていました(^^;
大輪10センチの種なので、7〜8センチどまりです。
来年こそ10センチ以上を咲かせてみよう・・・ホトトギス!
13年朝顔栽培日誌はこちらです      14年の朝顔

                    





アロエ
   NO,3  -    多肉植物でアフリカ原産のアロエです。
砂漠地帯に育つ植物で、日中休眠しているので
乾燥には特に強いですね。
いずれ花が咲くようですが、実を付けるのは
非常に難しいようです。
胃の調子が悪いときに、バリッとやって食べると、
良いそうですが、相当苦そうですね!
苦味のなかに特有の成分があるようです。
「良薬は口に苦し」
アロエの表皮をはぎ、葉肉から出る液を、直接付けると
虫刺されやヤケドに良いのは、昔から有名ですね(^^;
とうとう咲いた咲いた(^^)
10年ぐらいかかったかな!
1月のサブイときの花だから、実は付かない様子・・・
アロエベラが咲いたのは十数年?
しかし花を咲かせず蕾のまま
落ちるような雰囲気・・・ムムム
まだアロエのほうが花のような気がする(笑)

                    





 ニラ
   NO.4 -   ニラの花が咲きました。
清楚で目立たない花ですが、繁殖力は旺盛で、風に
飛ばされてあっちこっちに自生します。
肉類のビタミンBを長く留めて置く効果があります。
肉類でビタミンBを多く含んでる順序が、
鶏肉<牛肉<豚肉なので、豚肉といっしょに食べると、
ビタミンBを長く体内に留めます。
レバーはビタミンAを多く含んでますが、
レバニラ炒めは昔から有名ですね!

                





 シンビジュウム
    NO.5  - 夏のシンビジュウムです。
冬にならないと花が咲かないのでした。
新梢が15本ほど出ましたので、今シーズンはだいぶ
花が見れそうです
冬までお待ち下さいマセ(^^;
冬のシンビジュウムです。
絢爛豪華の花が咲くのかなと期待してましたが、
花芽が1本だけでした。
新梢15本は出過ぎで、花芽に養分が向かわず
葉っぱを延ばすほうに向かったようでした。
今シーズンは、表年で花が咲くことを期待
したいと思います。

13年のシンビジュウム

              





カンノンチク
   NO.6  - 観葉植物のカンノンチクです。
もう10年以上過ぎましたが、いっこうに花が咲きません!
花が咲いた状態を見ると、ススキの穂というか、
トウモロコシのオス花のような花ですね!
11月になって、初霜が降りると、外に出しっぱなしに
していて、あわてて室内に取りこみます。
霜に1回ぐらい当てても枯れませんが、葉っぱが
茶色になるんで、このへんのことが花が咲かない
原因でしょうか?
その後10数年過ぎて花が咲いていました!
もぅ20年が過ぎようとしているときに・・・
確かにトウモロコシの雄花に似てるけど、
目立たないようにおしとやか(笑)

                





サビキの風景
  NO.7  - 相馬港2号埠頭のサビキの風景です。
左側が8メートル磯竿で、右側が7メートル磯竿です。
クーラーの上にチッコイサバが乗ってますね!
その右側がエサのオキアミで、左側が一旦魚を入れる
ポリバケツでした。
エサカゴにオキアミを入れて、その下に毛ばりが10本
ぐらい付いてるところに、魚がかかる原始的漁法です。
遠くに見える船は、相馬石炭火力発電所の石炭ヤードの
石炭運搬船です。
原油を運ぶタンカー並に、巨大な船のようです!
相馬港2号埠頭の長さは、500メートルぐらい
あるようです。
10月が一番良いサビキのシーズンです。
最盛期は、1メートル置きぐらいに、磯竿がかかります。
一人あたり2〜3本でしょうか!
クーラーの上に、今度は魚が見えますか?
後方に見えるのは、相馬石炭火力発電所です。
煙突の高さは100メートルぐらい
あるかも知れませんね。
上のほうがサバでした。
下のほうは33センチのボラでした。
10月末から11月初めに掛けて、まだまだ大きく
なって、40数センチになりますが、針を切って
逃げられてしまうので、サビキの磯竿で上がるのは
40センチまででしょうか!
その後は、水温低下と共に、回遊魚は海の底とか
沖合いに行ってしまいますので、サビキの
1シーズンは、11月初めまでのようですね。
11月×日 快晴 微風。
イワシの大漁だぁ〜!
カタクチイワシの入れ食いです。
クーラー一杯にはなりませんでしたが、1/3ぐらい
釣り上げました。
磯竿1本を揚げてるうちに、もう1本にも来ますので、
忙しさは相当なもんです。
大きいのはボラですが、サバは沖合いに行ったようで、
来年までサヨウナラをしたようです。
13年の釣果

                 





  NO,8  - 菊の花が咲きました。
10号ハチ植えで、ご覧のように毎年咲きますネ!
根詰まりしてるハズですが、強い菊です。
オレンジ色の菊は、ダリヤに似てる花でしたが、
残念ながら耐寒性が弱く、花を咲かせたあとに、
お亡くなりになりました。


道端の花々     ダリヤ咲き菊

                    







白鳥
  NO.9  - 白鳥が今年もやって来ました。
1級河川の阿武隈川(あぶくまがわ)の瀬を
整備して、ゆるやかな川の流れの中に、白鳥が
静かに羽を休めています。
と言うよりも、飛んできたばかりなので、食欲を
満たす時期なのでしょうか!
それにしてもカモのほうが多いですね!
白鳥も何種類か居るようで、後ろ3羽の羽が
グレー色なので、灰色鳥かな?
(解像度UPしたので、チョット見ずらいですね)
                     






パソコン組み立て
  NO.10  − パソコン組み立て講習会に行ってきました。
中の配線はスゴイ状態かなと思われてる人が
いるでしょうか!
でもご覧のように、いたってシンプルでしね(^^)
ハコものがponponとあって、簡単なケーブルで
繋いでるだけでした。
組み立て解ると、調子が悪くなったときは、どこを
取替えようかとなって、修理屋に出して10日も
×になりません!
組み立て2台目だから、どんなものでもOK〜
フレッツISDNより光ファイバーBフレッツにしました。
ルータのPPPoEを通すと、平均35Mbpsぐらい
出てますが、40メガ以上は出たことないですね(^^)
生きた化石のPC9821でも3Mbpsぐらいですが、
これはOSがWin98だからのようです。
今までのターミナルアダプタは、NTT製 V30 Tower 
を3台直列のように使ってました。
1台目のDSUスイッチONで、2台目3台目はスイッチ
OFFで使用してました。
尚、画像左下のものは、2台目3台目の分岐ケーブル
部品で、手作り品(売ってない)です。
ノート型ソニーバイオのハードディスク交換を
やって見よう。
メモリは買ったときに増設してるので
全く問題ないのでした。
裏蓋を外して内臓ハードディスクを
取り出そうとしていたら、なんとなんと
ケースにハードを入れて組み込み
ビス1本でできることが解った(^^;
画像右側からケースに入れて突っ込む!
画像左側はディスクトップ型ハードディスクで
3.5インチタイプ。
右側は今回取り替えたノート型2.5インチでした。
小さいほうが値段が遥かに高いとは
チョビットだけビックラコン(笑)
ハードディスクの内部の回転体を
見たいので、ビスを回そうとするが
特殊な6角頭で、しかも極小さくて
道具の中の一番小さいものでも
ペケだにぃ〜
開けてはならないと言ってるものか(笑)
消耗する回転体を自分の目で見たかったが・・・
画像のドライバーは解りやすいように
一番大きなものだけど、見にくいのでした。

この特殊道具セットはプロッターの
ベルト交換のときに買ったもので、
そのベルト交換もカバーを全部外さないと
ベルトが交換できなく、あのときは6角ビスでも
今回の6角とは又別なもので、
アチャラ製のものには苦労するのでした(笑)






ケレベラ
   NO.11  - ケレベラが延びた延びた!デモ、花芽は見えないから
これは観葉植物かにゃ〜
ケマリのようなところから芽が出るだけかいにゃ〜
2回切り戻した9月末の画像。
切り戻しをしないとヒョロヒョロと延びるケレベラと
言うよりも、ケルベラのほうが通りが良いのかな!
新梢はサッパリ延びなくなったので、
越冬の行方はいかに〜
今ごろ(9月末)から延びないのでは、耐寒温度は
大分高そうかな?
無事越冬したらパチパチもんかな(^^;


植え替え画像






クマガイ草
   NO.12 − 全国には、おもなところで3箇所になったクマガイ草


拡大画像


2013はこちら