栽培


梨の頂芽は混合花芽であり
花芽と葉芽があり、そのままでは
花が咲きすぎることになる。
充実した混合花芽を残した
第1次摘蕾の1月の画像。
春先の気温上昇により花芽が
ばらけて来たときに仕上げの
第2次摘蕾をする。
尚、画像左下にも花芽があるが
第1次では大体の摘蕾をする
ものであり、イッキに仕上げまで
持っていくことはないのでした。
4月になると混合花芽が
ばらけて来たので。
混合花芽が多いところは
全部摘み採ります。
どの花芽を残すかと言うと、
意外と難しいと言うか、
文章ではなかなか書けないので
ご覧のようにと言うか、やっぱり
経験年数と言うことでした(笑)
どの花芽がどのような
果実になるかと言うことは
結構難しい。
4月半ばには花が咲きました。
このような道具を使って
人工授粉させるけど、摘蕾を
してないところで、花の数が
多いところを選んでみました。
この日は早朝に雨が降り、
花びらがなかなか乾かず
濡れていては受粉にならないし、
梨の花粉は多いので比較的
楽な人工授粉だけど、花の咲く
時期がずれたりして、毎年の
ように意外と苦労します。
5月初めには着果を
確認しました。
5月下旬には肥大中
果実が大きくなってくると
自然に下垂します。
収穫期(9月半ば以降)の
1ヶ月前の画像でした。
ゴールド二十世紀
完熟期を迎えた秀玉
8月半ばより2週間降り続いた
長雨と日照不足により、
今年の糖度は平年よりも少し
低いような気がします。