福島県農業総合センター徘徊記

平成18年9月16日(土)〜17日(日)

福島県農業総合センターのHPはこちら

果樹試験場徘徊記はこちら


18年4月オープンの
出来たてホヤホヤだにぃ〜
玄関前の車寄せ部分
ギャラリー棟は木造で、
柱も梁も大断面集成材を使い
背割れ部分に緩衝材
充填してるにぃ〜
農産物直売市は大変な
混みようだから
入りませんにょ!
果樹も野菜も米も
自給自足だから、ここは
素通りでした(笑)
センサー感知自動潅水
システムのトマト栽培の
ようだけど、これだけの
施設費を掛ければ
良いものが採れそう!
糖度計は本格的なものの
ようで、小数点以下の
細かい糖度が出るよう
だけど、試験場の予算
だから買えるものでは(笑)
地球温暖化によるリンゴの
着色異変に対する
試験のようだけど、
着色能力簡易評価法による
もののようだが、専門分野は
イマイチ理解しがたい。
くず大豆やソバフスマを
使ったボカシ肥料の
ようだが、普通のボカシの
作り方と同じだから、
新しい技術でもなんでも
なさそう(笑)
画像は見にくいが、粗植
だけに葉色が濃く、
当然こういうふうになるん
だにぃ〜
しかし倒伏はしにくく、
一般的には収穫量が
増えるらしい(^^)
4倍体あづましずくの
案内があったが、
実際の栽培は良さそうな
宣伝文とは裏腹に、
チョーA級栽培品種でした。
(予想通り)
建物北側は逆光に
なるので、見にくい
画像だにぃ〜
すぐ隣にアサヒビールの
福島工場が見えるでは
あ〜りませんか。
高さの高いタテ型
ビールタンクは、反対側
だから見えないが、
100本だか500本だか
もの凄い本数だにぃ〜
ビニールハウスで乾燥
させて、自然乾燥との
違いでもやってるのかにゃ?
雨よけ大豆のようだけど、
説明文がないので
何の試験か解りませぬ!
4条刈りコンバインが
あったけど、キャタビラの
幅と刈り取る幅が同じ、
全幅刈りと言うようで、
タテ、ヨコ、ナナメと
どうにでも刈り取りが
できるらしい(^^;
Hieeeeeeeeeee〜
ヒエが伸び放題だにぃ〜
試験場としたことが
ヒエ抜きをしない栽培法?
除草剤試験で効かなかった
見本だそうで、
それを聞いて妙に納得(笑)
これを見ると米の品種
改良とか、いろいろ試験
してるようだにぃ〜
大豆の品種も相当
あるようだが、これだけ
密植してると伸びが悪く
枯れかかって、大豆栽培
イマイチだにぃ〜
こういうふうに勢いが
良いのが大豆栽培だが、
土寄せしなくても倒さない
とは、確かに何かの
試験中かにゃ(^^;
キャベツ畑を発見!
直播だとこういうふうに
不ぞろいになるし、
畝の作り方を見ると
近くの小学生でも
やったものかどうか(笑)
何か書いてあるが
アッチコッチ多すぎて
読みませ〜ん。

しかし、田んぼとか畑には
誰も来ませんにゃ〜
毎朝歩いていないと、
確かに56ヘクタール全部
徘徊しようと思う人間は
一人もいませんにゃ〜
湿田のようだけど、
少し青いうちの青田刈りの
ようで、刈った株を見ると
分けつ20本前後と
これでは米が採れません。
ん!
収穫する農法でないから
何かの試験だと言って、
納得しとこ(笑)
これは何んだろか?
稲直播適性研究施設と
書いてあるが、右から
水を入れ、田んぼ何枚か
作るのは解るが、
柱のようなものは
いったい何んじゃらホイッと
サトイモを発見!
しかし葉っぱが小さく、
茎が細いし、何と言っても
茎の数が極端に少ないから
これでは小芋が
サッパリ採れませ〜ん。
無肥料の実験かいな?
今の時期としては
これは見事なナスだにぃ〜
コードが見えるから
土中水分センサーつき
自動潅水設備かにゃ?
それならこれぐらいの
樹勢は解るが、ナス農家だと
こんなことしないでも、
今の状態は、これ以上だ
にぃ〜
網目の細かい防虫ネット
掛けキュウリ栽培のようだが、
確かにアブラムシにも
病害にも有効なのは解るが、
次々に更新する農法のほうが
新鮮キュウリが採れるにぃ〜
まぁいろんな農法が
あって良いのでした。

余計な一言は書かない。
しかし、人が作ったものを見て
いろいろ批評するのは
楽しいザンス(笑)
ヒマワリ畑を発見!
種から燃料を採るんだろう
けど、これだけ密植にして
ヒマワリの種の収穫量として
どんなものかにぃ〜
ヤーコン畑の
これなら普通に採れそう(^^;
ここに果樹試験栽培が
あるとはビックラコン!!
桃だけ30本ぐらいあるが、
これからいろいろと植える
ことでしょう。
防鳥ネットより網目が
遥かに細かい防虫ネットを
スライドハンガーで張って
フェロモン試験でも
やる予定なのかにゃ?
樹木まで結構あるが、
確かに農業総合センター
だにぃ〜
コンニャク畑を発見!
結構な品種があるようで
中山間地向け畑の
試験栽培なのかにぃ〜
ここは花までやって
一応何でもあり〜
という事は解った(^^)
画像奥にゴーヤの
プランター栽培の
自動潅水栽培があるが、
まぁプラ栽培は
こんなもんでっしゃろきぃ〜
一言付け加えると、プラでは
なくて、コンテナ栽培と
すれば、もっと大きく美味い
ゴーヤが採れまっせ〜
ということを言いたいわけ(笑)
ガラス温室が連続してるが
中に入れるのは、
これから徐々に
入るのだろうけど、
1年目から もしかして
予算取り過ぎでは???

県税だ県税    
             (^^;ダァ〜
遮光して何かの発芽
試験でもするのかにぃ〜
5棟ぐらいなら
まぁ良いではないかいにゃ!

予算は毎年少しづつ
使いましょう(笑)
別敷地で隔離されてる
ところに登ってきたけど
ヒーコラヒーコラ
もぅ5時間も歩き回って
さすがにチカレタ (^^;ビ〜

こんなところには当然
誰一人として来るわけが
ないっと(笑)
防虫ネットカボチャ栽培とか
防虫ネットキュウリ栽培に、
その他エダマメ、ダイコン、
ニンジン、サトイモ、サツマイモ、
玉ネギ、ブロッコリーなどを
栽培してる様子。
アブラムシを増殖して
研究してるようだにぃ〜

これで56ヘクタール全部と
別敷地までくまなく
徘徊してお終いとなりました。
すぐ近くの山清寺に
何年ぶりかで
来ましたにゃ〜
竜宮城のような山門が
好きで思い出しました。
それから帰り道の4号線
沿いにある人取橋古戦場。
伊達正宗の時代に、
佐竹・芦名連合軍対伊達正宗の
決戦場で、伊達正宗重臣
茂庭佐月が討死した
地だにぃ〜
何年ぶりで来たが
田んぼが黄金色に染まった
季節でした。
佐竹・芦名連合が南から
北へ上がろうとするところに、
伊達正宗軍の精鋭部隊
茂庭佐月率いる一隊が
数の上で半分以下でも
勝どきをあげたようだが、
詳しい話は忘れてしまった(笑)