白黒パンダ豆栽培




蒔いたのは6月末でした。
豆床にバラ蒔きして、
白地に黒い斑点が
少しだけ見えてる。
バラ蒔き移植法と言って、
このようにバラ蒔きとして
スクスクと延びたものだけ
定植するやり方でした。
なぜ直蒔きとしないかと
言うと、直蒔きとすると
発芽しないものとか
発芽しても延びがイマイチ
とかで1列そろわない
からでした。
1列ビシビシット農法は、
直蒔きとするのは大根とか
ニンジンだけでした(笑)
7月上旬には延びて
定植の時期来る
でしたにゃ〜
発芽しかかったときに
雨にたたかれると
葉っぱが縮れて出てくる
のでした!

毎日雨が降る7月上旬
だけど、激しい雨でんな!
普通の梅雨は
シトシトと降るのが
何十年来の出来事なれど、
今年はドフャーーーーー
っと降りまんな(笑)
ようやくツルが伸びだした
8月上旬でした。
しかし左側がよく伸びて、
右側がイマイチなのは
どうしてどうして?
両方とも前作は白菜だし
同じことやってるのだけど
上から見ると左側の
ツルはテッペンまで
伸びてるが、右側が
伸びなやみ(><)
8月下旬には右側も
テッペンまで伸びました。
しか〜し、いまだに花が
咲きましぇん(><)
今年の猛暑では、
インゲン属のインゲン豆は
全般的にペケかいにゃ〜
つるありインゲンなんて
花も咲き着莢もするが
豆が枯れてしまう!
こんなことは今までに
記憶がありましぇんにゃ〜
したがって高原豆なんて
全滅の今年でっしゃろきぃ〜
(今年から植えてないが)

その後9月半ばには
気温低下して花が咲き出し、
9月下旬には着莢もしだし
たが、いかんせん下半分の
葉っぱがな〜い!
こりでは多分ペケ8割
ぐらいでんな〜
時すでに遅しと言うこと(><)
その後10月半ばになって
一部だけ着莢しました。
しかし豆が膨らむかどうかは
5分5分と言ったところで
しょうか?
まもなく気温低下する
季節到来だから、もう10日
ぐらい落葉しませんように・・・
その後11月半ばには
一転して茶色になりません!
花が咲くのが遅かったと言え
おかしいじゃあ
あ〜りませんか?
アズキだって茶色になって
いよいよ終盤戦だと言うのに!
明日の最低気温予想が、
百葉箱に入ってる気象台で
1度では、畑で氷点下
何度になるのでしょうか?
てなわけで、まだ青々として
いるけども、全部収穫して
しまいました。
どのぐらいパンダ豆になる
ものやら・・・
その後11月下旬には
チョビットだけ採れました。
少しづつ完熟するから
一度には採れないのでした。
しかし大きな豆だけに
受けが良さそうだから
来年も植えよう(^^;
その後の2011年度だけど、
お盆までは猛暑により
採れるかどうか五分五分
だったが、夏の終わりごろ
から花が咲き出し着鞘
しだしたから、98円の
ネットを追加で張りだし
少しだけ増収になったか
にゃ〜
結構豆が付いてる
10月半ばの画像だけど、
あとは11月はじめに
どのぐらい採れるものかが
今年の勝負の分かれ目
かいにゃ(笑)