リンゴ栽培



短果枝の頂芽は混合花芽であり
春の気温上昇により、やがて
発芽して展葉期をへて花を
咲かせる。
そのままでは花が咲きすぎるので
このような場合は、短果枝ごと
第1次摘蕾をする。
第1次摘蕾をした1月の画像。
この時期は大体で良く、
仕上げの摘蕾は花芽がばらけて
来た時期をとらえて行う。
混合花芽がばらけて来た
4月も半ばを過ぎた画像。
葉芽が先に展葉するのは
冬場の気温が低かった
兆候でしょうか?
どうでしょうか?
このように摘蕾をするのだけど、
どの花芽を残すのかと
言うことは言いません(笑)
4月中には花が咲いて
しまいました。
例年だとリンゴの花は5月だけど
今年は何年に1回の年の
ようでした。
5月初めには早くも摘果の
シーズンになりました。
こういう中果枝にはとりあえず
2果実ぐらいにして、いずれ
1果採りにします。
出荷するリンゴ栽培法は
当然中果枝1本2〜4果採りが
普通でした。
肥大中の5月下旬でした。
果実が大きくなってくると
自然に下垂します。
収穫期(10月半ば以降から12月)
の2ヶ月以上前の画像でした。
青いリンゴも赤いリンゴも
まだまだ未熟な状態と言う
ことでした。
9月中旬より着色開始したようです。
美味そうになってきましたにょ(^^;
10月中旬に収穫期を向かえた
コウタロー
M26を使っても、今年も豊作な
コウタローでした。
(この画像は畑で収穫したばかりで
磨いていないので光って
おりません、ありのままの
リンゴ収穫と言うことでした)
11月下旬収穫の未来フジ