サクランボ栽培



サクランボを大別すると甘果系オウトウと
1本でも結実する暖地オウトウがあります。
甘果系オウトウは休眠期における、
低温に当たる温度の積算温度が
一定の時間に達しない地域ではまともな
結実はしないので暖地オウトウのみの
栽培になります。
ここでは甘果系オウトウの栽培日誌でした。
芽の構造は花束状短果枝と言って、
中心にある先が尖ってる芽は葉芽で
ここからは葉っぱだけが出ます。
その回りにふっくらとした芽が花芽で
1っの花芽より3〜4個の花を咲かせます。
そのままでは花の数が多く、貯蔵養分の
配分がイマイチになり、糖度も上がらないし
美味い大きな果実は採れません。
そこでこの花芽の数を減らす
摘蕾(テキライ)が必要です。
葉芽は普通はそのままで葉っぱを
出させますが、あまり葉っぱが込み合う
ようなところは葉芽も摘み取ります。
上の画像と比べると、花芽の数が
少し減ったのが解ると思います。
どの程度減らすかは、その樹勢とか
貯蔵養分のあるなしが大きくかかわる
ワケだけど、経験則がものを言うので
あって、このぐらい花を咲かせると
糖度がどうなるとか、翌年の樹勢も保つとか
まぁ経験は10年ぐらい必要でしょうか?
どうでしょうか?
それから摘蕾時期は3月よりも
1〜2月が効果的と言うことでした。
花束状短果枝とはこの画像のほうが
解りやすいけど、中心の葉芽の回りに
花束状に花芽がビッシリと付いてる
状態が解りますか?
ご覧のように充実してない小さな花芽を
欠きとるのが摘蕾と言う作業でした。
指先でチョイッとやると直ぐに欠きとることが
できるけど、なんせ1〜2月の畑では
溶けてない雪はあるし、風がビュウビュウと
吹き付けてサブイのなんのって・・・
3月摘蕾なら問題ないのだが(笑)
3月になると木の回りに特性稲藁堆肥を
撒いて、その外側には剪定枝を燃やした
灰(カリ肥料)を撒いてるのでした。
当然果実として出て行った分を補うぐらいの
養分を加えるぐらいで、樹勢に相対する
補足と言うか補充と言うかでんな〜
何回も言うようだが、養分としてのチッ素は
最小限だけ与える農法と言うこと。
秋肥として春肥として、それぞれの割合で
与えると言うことだが、堆肥何キロとか
チッ素分なんぼとか、一切言いません。
サクランボ、桃、梨、リンゴ、ブドウ、洋ナシ
柿とも共通だけど、果実として出て行った
養分はなんぼかいなと予想から始める
ことでしたな〜
4月になると芽が動いてきて、
これなら花芽と葉芽がはっきりして来ました。
モチロンふっくらとしてるのが花芽でした。
4月半ばには花が咲きました。
こう言う道具で人工授粉するのだけど、
A群B群C群D群E群とかある群のうち
別群の品種の花粉を人工授粉するのです。
しかし最近の品種は交配種がほとんど
だから、名前の違う品種ならそれぞれ
受粉することでしょう。
めしべの先端の柱頭に花粉が付けば
少し黒っぽくなるので解るし、
花びらが散るときになると、めしべの
奥のほうの花の穴の中で、子房が
膨らんでくるので受粉完了が解ります。
幼果の肥大が止まったときは、不完全受粉
の原因が多いけど、その場合は
幼果が落下する。
4月下旬になると雨も降るし、
気温上昇して雑草も伸びますにゃ〜
サクランボハウスの建地(タテパイプ)は
あるし、水平誘引のマイカー線はあるし、
乗用草刈機があっても、サッパリ仕事が
できず、こういう草刈機専用仕事でした(笑)
もっと言ってしまえば、リンゴは半ワイ性
台木のM26を使ってるが、根張りがワリイと
言うことは、それだけ上には伸びないと
言うことではあるが、反面支柱が結構
必要になるということ。
したがって草刈りはこのような画像と
同じように、ビィ〜〜ンビィ〜〜ンなんて
刈れませんにゃ〜
サクランボの幼果肥大中の5月初めでした。
その後も幼果肥大中
少し小さい幼果は不完全受粉で
間もなく落ちることでしょう!
このようにサクランボの人工授粉率は
梨とかリンゴに比べると遥かに低いので、
摘果は必要ないサクランボ栽培と言うことに
なります。
ここで甘果系オウトウは植えられない
暖地の方々にひとこと。
ご覧のように暖地オウトウでも、
このような果実にすればまぁまぁの
甘さになって、不味いとまでは言えない(笑)
葉っぱの数と実の数のバランスが
ご理解できたでしょうか?どうでしょうか?
厳密に言うと、葉っぱの光合成で作られた
養分の配分と実の数のバランスと言うこと。
何回も何年にもわたって言ってきたように、
9割以上摘蕾からスタートする暖地オウトウ
栽培でしたにゃ〜
甘くなれば当然ツンツン鳥の餌食になるので
防鳥ネットが必要になるけど、
このように防鳥ネットが必要になる栽培を
してみてはいかがかなと(^^;
5月下旬には着色開始になりました。
6月初めに収穫期を向かえた紅さやか
昌のよそおい
山形美人
画像手前左は晩生種のジュンブライト。
手前右が昌のよそおい。
奥左が山形美人でした。
それから画像奥右には佐藤錦の
3年生が植えてあるけど、ここは
呪われてるように3本目でした。
最初の品種は雨よけしても湿度が
高いだけで裂果するチョーA級栽培品種
なので5〜6年過ぎてから倒し、
次の品種は1回収穫後樹勢が衰えたので
またまた倒し、佐藤錦で3本目でした。
とうとうここには在来種を植えたと言う
ことになります。
収穫最盛期の6月中旬を迎えました(^^;
最後に出てくるジュンブライト
山形美人だけに、どうもコナカイガラムシが
来たようで、それ以外に広がらないように
殺虫剤を使っても退治できたのか
どうか解らず、とうとうグリーンプロシートを
巻いてみました。
糖度も上がり元気回復するらしい・・・
(この画像は昌のよそおいの根元でした)