常磐線・新地駅



新地駅がどこか解らない!
枕木とレールを片付けて
集積してるので、
駅がどこにあったか
まったく解らずでした。
画像右側の解体鉄骨の
集積を見て、これは
こ線橋の鉄骨ではと
気が付く。
この ↓ に出てくる
津波被害のこ線橋の姿から
このへんに新地駅があった
様子が見えて来た。
これは津波被害直後の
新地駅周辺画像。
この時点では画像右下の
こ線橋が残っている。
電車にたまたま乗り合わせた
新任地に着任寸前の
私服警察官の誘導により、
乗客全員避難誘導したことで
津波被害者は一人も
いなかったと聞いている。
尚、画像提供は
福島民報社でした。
(地元の聞屋(ブンヤ)
でんな〜)

相馬共同火力発電所の
煙突から煙が出てるので、
震災から10ヶ月が過ぎようと
してるけど、営業運転中の
様子が解る。
原発稼動はまだまだ
問題があるから
(作者としては最近できた
原発は止めなくても良いと
思っている)
火発はバンバン運転
してや〜(笑)
CO2問題は一旦棚上げ
やで〜
石炭ヤードにある揚炭機は
被害がなかったのだろうか?
煙突から煙が出てるのだから
ここも動いてると思う!
福島第1原発にもの申すで、
原発は安全、プルサーマルも
安全だとサンザン言ってきた
東電のザマァはいったい何だ!
東電内消防車の消火栓の位置が
解らない作業員だったとか。
と言うことは消化訓練なんて
まったくやってなかった、
お粗末どころか
ジュウシマツぐらいでんな(呆)
風評被害はあと何年続くか
解らないが、東電社員の
給料半分とかボーナス0とかの
後でないと料金値上げなんて
とても認められない(キッパリ)
釣り師浜漁港には船が数隻係留
してる。しかし後方の状態は
焼け野が原ではなく何野が原と
言うのでしょうか!このへんの
津波被害は相馬原釜地区よりも
ヒドイ状況やで〜〜

原発問題で書き足りなかったから、
東電社員の給料半分とかの前に、
持ち株は全部売れ〜。それから土地を
かなり持ってるから、それも処分して
もらおうか。それと東電営業所が
アチラコチラにあって、これもリストラ
強化から切り売りする姿勢を
見せてもらおう。もぅひとつ子会社が
かなりあるから、これも処分の
対象になるで〜
金がなくなれば税金投入だと言う
甘い考えは全部捨ててもらおう
ではないか。
釣り師浜海水浴場には
冬の波が荒々しく寄せて
いるが、昨年の海水浴客は
いかほどだったのだろうか?
砂浜より後方の状態が
この画像では解りにくいが、
地震被害と津波被害が
歩くとヒシヒシと伝わって
くるのでした。
放射能風評被害も加わって
ここにも日は二度と
昇らないのだろうか??
釣り師浜より外海の波は
ひときわ大きいような
気がするのでした。
鹿狼温泉(かろうおんせん)
いまどき結構賑わってる。
明治8年開場だそうだが、
↓ の画像で解るように、
結構高台でも温泉が出る?
まぁ地形によりだけど、
近くにそれより高い山があれば
圧力差により地下水とか、
温泉が出るんでっせ〜
画像右側の小高い山が
鹿狼山(かろうさん)
でしたにゃ〜
いっきに昇れば30分弱で
頂上でっせ〜
それは若いときと聞こえて
きそうだが、歳を食っても
日ごろの程よい運動が
ものを言うと言っておこう(笑)
山登りをして5分でヒーコラ
ヒーコラになるものが結構
いるが、日ごろの行いが
こう言うところで出〜る。
画像左の少し高いところに
見えてるのが、
鹿狼温泉でした。
原発問題に物申すでまだまだ書き足りないので、ここの欄をまたまたのまた付け足しました(笑)
放射能を撒き散らしたものがいるために、震災から1年以上経過していても、風評被害やら直接被害があり、
今でも仮設住宅住まいを余儀なくされていても、賠償を全く受け取っていない被害者がいるそうである。
東電から言わせると役所的発想で申請がないから支払いしていないと言うことであろう。
このような株式会社を国有化したことは大きな問題であったわけで、日本航空のように○○法申請が
妥当であった。
その後改悛の情があれば、再上場申請も可能であることになるわけで、一旦潰してしまって、
今からでも遅くないから、このような会社は潰せ〜潰せ〜潰してしまえ〜〜〜〜〜
全国のいたるところで「箱物風」のものを作り、何十億円損を出しても、誰一人として責任を取らない構図が、
ここでも出てきているではないかと指摘しておく。
この国を良くするには、次の選挙でふるい落とす政治屋と、そこに群がる悪代官の削減と、その報酬減額ともに
進めないと、消費税増税決定にともない世の中がドロ沼にはまっていく脱却はありえない。
原発40年で廃炉までは良かったが、その後20年間の延長もありえるとは、いつの間にか決めた党であるが、
40年前といえば、昭和40年代であるから、そのころからの原発以外の技術でも現在と比べたら
相当の差があることは言うまでないことである。
この国には責任を取るものが一人もいないことから考えても、60年も原発を動かすリスクから考えても、
40年以上はあまりにも危険すぎると考えている。
しかし最近出来た原発(10年とか15年前とか)では、技術的な詳細は全く知らないが、そこまで全部
止めてしまう必要は無いものと考えている。

世の中では、ソーラー発電推奨と証して、大規模ソーラーとか各家庭でもソーラー人気先行のようだが、
ここで解りやすい各家庭にあるソーラー発電を考えてもらいたい。
売電と証してソーラー発電のメーターと普通の消費電力メーターと2っ付けていて、毎月の電気料金を
計算してくるようである。しかし曇り空が多いと発電量は極端に少なく、しかも夜は発電量0である。
しかも工事費は相当高いし、あまり知られていないのが、2〜3年も過ぎると保守点検やら取り替え
工事費が発生して、総合的に考えると、売電からオール電化システムなるものは、いかがなものかと
なることは考えるべきである。
たとえ大規模にやったとしても、曇り空では効率が悪く、夜の発電量0は同じだし、工事費も莫大な
金額になることになる。
そこで地熱発電では、地震のときに地下水脈が変わり、温泉と同じように地熱が出なくなったりする。
風力発電でも風がないのでは効率が悪くなるし、プロペラ音の問題もあるし、波力発電でも
波が無いときは効率が落ちるし、なんと言っても海岸に作るのでは工事費が大きく、
税金使いすぎにならないものかどうか。
これらの観点から最近出来た原発(10年とか15年前とか)は全部止めなくとも良いと、
考えている作者なるにょと(笑)

今後の化石燃料であるが、CO2削減に有効なものとして、バイオマスエネルギーがある。
その中で都市ゴミや産業廃棄物からバイオエタノールを作る技術が実用化できれば、
ゴミ問題も解決して、一石二鳥になるであろう。
これは簡単ではないようであるが、このような開発研究には補助金を相当出すべきと主張しておく。
それから電力には蓄熱技術が必要不可欠であるから、その中でヒーポン型(ヒートポンプ型)蓄熱が
有望であると考えている。
ヒーポンと言えばエアコンの屋外機のコンプレッサーで有名であるが、このヒーポンのノウハウは
相当前から蓄積していて、コンプレッサーの品質は目を見張るものがある。
中にはこのヒーポンでは冷媒フロンの問題が出ると言うものがいるようであるが、作者が言ってるのは
蓄熱技術の中でのヒーポンであるから、そのへんの内容は間違えないでいただきたい。

              まだまだ書き足りないが、長文になったのでこのへんで止めておく(笑)ヒェ〜