信夫山(しのぶやま)




ここから先は
通行止めで、
車で来ても
止めるところは
1台もないにょ!
西風がビュウビュウと
吹き荒れてるから、
桜満開の季節なれど
水辺が恋しい人は
いませんにょ(笑)
ここは何年前に
パチリと撮影した
ところだけど、
相変わらずゴザの華は
咲きませんて(笑)

しかしお客がいない
桜満開の土日だけど、
最近は花見山にお客が
流れてる?
こういうところでも
子供の数より
老人の数のほうが
多いような気がして!
あえて子供のいる前で
パチリとしたりして(笑)
ここは福島県護国神社。
靖国神社と同じように
戦没者の眠ってるところ。
モチロンA級もB級も
いないかな?
C級はいるのでなかろうか?
まぁ先に植民地にしないと
こちらが植民地にされた
ナショナリズムの時代で
したにゃ〜
合祀だけではモチロン
商売にならんのだから、
ここの中へ頭から車を入れ
お払いの最中に、両側から
水が車にかかり、
何のお払いなのでしょうか?
ようやく子供の多い
画像が撮れた撮れたと
喜ぶ作者なり〜(笑)
どんとこいは相変わらず
やってますにゃ!
連続テント構造のほうが
ロングスパンが取れて
お客も、もっとギュウギュウと
詰め込まれたりして(笑)
しかし露天イス席が多いから
ゴザの華が咲かない
こともあるんでやんすかにぃ〜
例の空中浮遊してるような
銅像が、桜の標準木の間から
見えてるが、あいにく逆光では
イマイチでしたにゃ〜
ここは市内中心部から
歩いて15分ぐらいだから、
ここまでは歩け歩けで
車は置いて来ましょう(^^;
ここより少し上に行くと
展望台が何箇所も
あるんでやんす・・・
靴を並べて置いて
大和撫子への道は
靴の脱ぎ方から・・・
ニャンちゃって(笑)
帰り道の途中には
曾根田天満宮のシダレ桜でも
撮るのでした。