ソバ栽培日誌


ナゼ今時にソバ栽培かと言うと、
ここは来年田んぼにする
ところだから、豆類を
植えたところではチッ素固定して
チッ素が多くなり、コシヒカリを
倒してしまうので、肥料分を
吸わせるためのソバ栽培でした。
うまく収穫できれば、手打ちソバ
にも挑戦しまっせと(笑)
蒔き終わったところ。
って種が見えません。
ここは信州大ソバを蒔いたが、
土気色の種では解りませ〜ん!
結構大きな種だけど、ホウレン草
よりも大きな種でした。
モミガラを蒔いて水遣り
終わりました。
蒔いたのは8月21日でした。
ソバの種って小袋でもかなり
入っているから、これから
アッチャコッチャに蒔きまっせ〜(笑)
猛暑だから毎日水遣りして、
3日目に発芽チョロチョロで
4日目には全面に水を入れて
ご覧のようになりました。
9月初めにはだいぶ伸びた伸びた!
しかし、伸びて倒れてる・・・
それにいまだに猛暑継続中のせいか
毎日枯れてるのは水不足?

その後解ったことは、ソバは
30度を超えると高温障害が
出るらしい!
連日猛暑になるから枯れたり
茎が折れたりするようだ。
したがってソバの産地は気温が
低めの山沿い地方になると言うこと。

今後どうなるどうなるど〜なる?
って、過ぎてみれば解るとは
また書いた(笑)
こっちの在来種のほうは、
ようやく発芽がそろった9月初め
でした。
画像中央に見えるのはスイカで
今年は127個収穫しました。
(スイカ畑の後作にソバを蒔いた)
これぐらい伸びてから撮影すれば
解りやすいと言うこと(笑)
↑ の画像から1週間ぐらい
過ぎた時期でした。
確かにソバってポロポロと
咲き出すもんですにゃ〜
したがって刈り取りも一度に
オリャーーーと刈るには
勇気(?)がいるとか・・・
しかし、あくまでも捨て作りやから、
根っこごと引っこ抜くんでやんす(笑)
ウリャーーー

ハイハイそこの腰がフニャフニャしてる
アンタでんがな〜
300本や500本引っこ抜けないで
農業も家庭菜園も果樹栽培も
机の上の話に
終わってしまうで〜(笑)
こっちゃのほうも花が咲き出した
9月下旬だけど、1週間遅く蒔くと
花の時期は2週間も違いまっせ〜
まぁお盆よりも前には種蒔きできな
かったし、仮に蒔いたとしても
今年のような猛暑では、かなりの
部分がペケになったと思うが・・・

雨が130ミリも降ったので、
結構毛だら毛倒れてる!
その後10月半ばには
花が咲き終わり、種が見えて
来たけど、刈り取りは11月初めで
しょうか?どんなものでしょうか??
お初に植えたモ〜で解りましぇん(笑)
11月上旬には種が茶色になって、
半分以上茶色のころが
刈り取り時期だそうな!
てなわけで、刈り取りと言うか
根っこごと引っこ抜くのでした。
これ以上おいておくと、霜にあたって
何んじゃらホイッとになりそうだし(笑)

栽培はお初でも植物の雰囲気だけで
ビビビッとくるものがあるんで
やんすにぇ〜
これを猫ニャン先生の官能的(?)
センスと言うかにゃ〜
猫ニャン独特の嗅覚と言うか、
どうかにゃ〜/アッハッハァ〜
11月上旬のハザ掛けをしたのは、
信州大ソバで78日目
信濃1号で70日目でした。
尚、下段は青バタの豆だから
お間違いのなきように!
そばタタキをして、11月下旬には
とうとう採れましたにゃ〜
画像左側は信州大ソバで2キロ、
右側が信濃1号で5キロありました。
合わせて2〜3キロぐらいかと
思っていたら、結構毛だら毛(?)
採れたのでした(笑)
画像上が信州大ソバで、下が
信濃1号だけど、画像で見ると
大きさの違いが解らんと思うが、
肉眼で見るとかなり違うのでした。
今後も植えるなら信州大ソバだけど、
コシヒカリと同じように上に伸びるので
倒伏しやすい品種でんな〜
豆と同じように1畝1列植えとして
両側から土寄せすれば、
倒さないようにはできるが・・・

これから磨きと製粉業者を探して、
いよいよ手打ちソバに挑戦だけど、
乞うご期待(*^^*)

手打ちソバに挑戦はこちら