福島盆地北部にある休耕田は何枚も
あります。
歩幅で測って50坪ぐらいの田んぼ1枚と、
70坪ぐらいの田んぼ1枚の合計120坪
ぐらいを借りました。
1反歩=300坪だから4畦歩ぐらいかな?
このへんでは土質が良いので反収8〜10
表の500キロ以上のようです。
稲作1年生だから6〜7表の
400×0.4=160キロ目標ぐらい
だにぃ〜

1月2月の田んぼの状態は、ご覧のように
雪で覆われ真っ白けですね。
画像撮影の時は雪が降ってしばらく過ぎて
からの、少し溶けた状態です。
雪が降ったばかりでは、あたり一面
真っ白で何がなんだか解かりません。
画像左後方にはリンゴ畑がかすかに
見えますが、ここは果樹地帯の中にある
田んぼ地帯でした。

尚、題名のなんでもついでに田んぼ通信の意味は、画像が増えていくにしたがって
解かってくるものと思います(笑)
春4月田んぼの季節到来(^^;
ところが地主の機械が故障して(><)
しからば、小型機械を買ってきて
自分で耕起なり〜
休耕田5枚のうちの一番上流の1枚、
70〜80坪ぐらいだにぃ〜
変形した台形状だけど借りてるから
文句は言わない(笑)
ここは水の下流域だし、地主の町内会が
いろいろあるところだから、
水を引く順番があるんだそうな!
一番最後に代かきすれば良さそう・・・
てなわけで、今年は田んぼ1枚だけに
して、1年間行ってみよう(^^)
イセキ農機の田畑用小型耕運機の
パンジー25。
画像右のようにハンドルをたたんで車の
トランクに入れ、ハンドル部分だけ外に
出るも、30センチぐらいトランクが
閉まらないだけ。
アクセル全開にすると小型ながら
ガソリンエンジンなだけに、結構力が
ありますにゃ〜
ロータリー部分を取り外し、代かき用
ローターにも取替えできる。
その他のオプションが結構あり、
畝立て用とか溝切り用とか除草用とか
予算に合わせてご利用でしょうか(笑)
機械の詳細はこちら
畦(あぜ)塗りと畦作りと
水を入れる前に畦塗りが主流の様子!
機械のオプションでもあるが、
1年に1回の、しかも1枚の田んぼに
機械を買っては大赤字(笑)
クワ1丁で畦塗りしてみるも、雑草の根は長く、
雨上がりにしてもうまく塗れない・・・
代かきしたあとに、クワでペタッと塗って
頭を軽く押さえるだけだそうな(^^;
まぁ1回やっとけば、あとは楽だろうと
あくまでもやったことを楽観する(笑)
隣の3方は休耕田だし、もう1方は
水路だから、水漏れしてもOKなり〜
尚、当地方では畦をクロと呼んでいる。
とうとう待ちに待った代かきの時が
きましたにゃ〜
代かきで泥だらけになる前に
パチリと写しておこう。
代かき用ローターの幅は110センチ
あるから、小さいながらも一人前!
いざ〜〜
いざ〜〜〜〜〜〜〜
いざ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(笑)
小型機械ながら田んぼ1枚だけでは
代かきは2時間で終わってしまう!
1枚では物足りないにゃ〜(笑)
しかし生まれて初めて代かきを
したのでした。

畦塗りもペタッと塗って頭テンテンテン
と、言いたいところだけど、
最初のうちは調子が出ましぇん!
畦塗りのところが色が変わってるけど
画像では解らないかにぃ〜
糸を張って植えても少し曲がり
ますにゃ〜
微妙な曲がり具合はぼやけて
よく見えないから、かえって
良かったりして(笑)
チョンチョンチョンと田植えを
したのは、30年以上前の
40年前ぐらいになったかどうか、
それぐらい過去になりにけり!
とうとう植えた植えた(^^;
半日を2回で植え終わり。
しか〜しコシノイタミは相当な
もので、このイタミは
次の日に来ますにゃ〜
イテテイテテイテテテテテテ(笑)
苗が余ったので(ヒトメボレかと
思ったらコシヒカリが来たから)
隣にも植えましたにゃ〜
合計4畦歩ぐらいだから
当初の予定通りでした。
雲を水面に浮かべ秋の豊作が
期待できるかにぃ〜
えっ!
これからどうなるか
1年生田んぼでは解らんて?
アッハッハァ〜
尚、田植え終わりは
5月24日でした(オセ〜最後ジャン)
やややややっ!
植えてから1週間で、水面下の
雑草がゾロゾロゾロ〜
ここは休耕田だから大変だぁ〜

そこで投げ込み型除草剤の登場!
ポ〜ンと投げ込むだけで
チョー簡単簡単(^^)
投げ込むと袋から白い虫のように
水面に漂い、水面に幕を張る様子!

ところがここで問題発生・・・
風が吹いて来ると風下に集まり
風上では効果ないではにゃいの?
それともうひとつ、休耕田で水が
逃げやすいので、常に水を入れ
少しの排水を流さないと、
猫の額のような田んぼだし1日で
干上がってしまう。
水面の幕まで排水される〜

この投げ込み型では×だ×だっ!!!
やっぱり粒剤を買ってこないと
ダメなんじゃらホイッと(><)
ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
雑草だかコシヒカリだか
解りませんにゃ〜
粒剤除草剤が効きませんのぉ〜
水面より上に伸びてるとか、
水面スレスレ雑草には
効きませんのや〜

田の草とりはかなりの重労働とは
聞いてはいたが、これほどの
休耕田の草とりになるとは・・・
腰をかがめ前へ前へ
1本1本雑草とりにゃ〜
6月30日の画像
手前が5月24日に田植えをした
田んぼで、奥のほうが5月19日に
田植えをした画像。
分けつ20数本になったところ!
田植えが5日違うとご覧のように
水面が見えるか見えないかの
大きな違いが解るかにぃ〜
ここで大問題発生〜
3週間も日照りが続いたら
田んぼが干上がった〜
3週間ぶりの30ミリの雨にも、
3〜4日過ぎるとまたまた
干上がる〜〜〜(><)
水、ミズ、mizu  くりぇ〜〜〜
うぅぅぅぅぅ枯れて死にそう・・・
誰か〜助けてくりぇ〜(笑)
今度はイナゴが来ましたにゃ〜
7月中旬に来始まって、
3日も過ぎるとイナゴが太る〜(><)
水を抜いて中干し中だから
粒剤の殺虫剤が撒けません!
それではと粒剤を水に溶かして
水和剤として(得意な)噴霧にょ〜
しかし、なかなか効果が出ません。
やっぱり水を張って粒剤を撒く。
3日後に行ってみたら、
またまた干上がってる(><)
水〜
水〜〜〜
水〜〜〜〜〜〜
ここの地名が字籠田(カゴタ)と
言うそうな・・・籠のようなザルのような
田んぼということかにぃ〜
イナゴの拡大画像
こっちを見て万歳してるように
見えるにぃ〜
稲を齧ってもっと大きくなったら
イナゴの佃煮にして、
またまた一杯もう一杯/ウィ〜
の肴にしてしまうどぉ〜(笑)
東を見ればのどかな風景
東北本線のローカル線と、
東北新幹線の高架橋が見える。
7月下旬には田植え遅れも
取り戻し、まもなく穂の出る
時期となりました。
相変わらず水が来ない・・・
ようやく稲穂が出てきたのは
8月10日だから、田植え後
81日後でした。
その後稲穂が出揃ったのは
1週間から10日後だにぃ〜
田植えが5日遅かったところは
出穂も5日ぐらい遅いことが
初めて解りましたのちりぬるおわか?
稲の花は数が多いから、
それぞれ1粒の米が出来る〜
急に雨が降りだしたりすると、
花を閉じてジットこらえる
稲穂かな・・・
ツンツン鳥には1粒たりとも(?)
防鳥ネットの網目は
サクランボハウスのものよりは
荒くて良さそう!
2枚の田んぼだけど、見事に稲株が
通ってる様子が解るかにぃ〜
真ん中の畦をならして1枚の
田んぼにして、小規模面積でも
コンバインが入るような寸法でした。
西から東を見ている。
ネットと稲穂が近いと、
ネットに掴まってツンツンツン!
ツンツン鳥との戦いは、
サクランボハウスで長年やってるから
お手の物だにぃ〜
東から西を見ている。
頭を垂れる稲穂かな
てなわけで、このままいけば
豊作が予想されますにゃ〜
ありゃりゃりゃ〜
雷雨が来て、1時間に50ミリも
雨が降ったり、その後の台風で
長雨5日も降り続いたら
ご覧のように、ベターーーーっと
真ん中へんが倒れた〜
周辺は風雨にさらされ
なかなか倒れないそうな!
画像奥の田んぼはほとんど
倒れてないが、手前の田んぼが
ガクッガクッガクッガクッガクッ
ガックシ(><)
追肥はいっさい与えず、手前が
チッ素分6キロ/反ぐらいで、
向こう側が4キロぐらいだにぃ〜
葉色を見ながら、手植え以来
可愛がって来たモ〜で、倒れるという
ことは、あまりにもグヤジイので
4株を1束ぐらいにして、
縛ってみましたにゃ〜
頭上には防鳥ネットを張ってあるし、
稲刈りの手刈りよりも重労働の
ような気がしますにゃ〜
この苦労の跡が画像から見て
解る人はいるかにぃ〜
ようやくコンバインが来たのは
10月14日か15日だった!
連絡なかったので刈り取る様子は
見逃してしもうた。
小さな田んぼでも4条刈り
ズームオーガー付きコンバイン。
従来のやり方の、稲刈り、稲運び、
稲積み、積み替え、脱穀、籾摺りと
全〜部飛ばして楽チンよっと(笑)
裁断した切り藁で稲藁堆肥の
作り放題だにぃ〜(^^;
落ち葉堆肥よりも中塾が早く
初期肥効は高いのではなかろうかと
思っているところ。

反収8俵を超える



採れた採れた、画像中央の6袋と
16キロ(持ち帰って測ったら)
合計6×30+16=196キロ
面積4畝=120坪だから
1反歩300坪換算
196×2.5=490キロ=8.17俵
1年生田んぼで8俵を超えましたにゃ〜
倒してしまったのでクズ米は多いと
いうことで、20キロぐらいありました。
これがコンバイン業(普通の農家)
さんの乾燥機!
タテの青いメモリの一番下まで
籾を入れないと乾燥機が
回らないとか・・・
その最低数量とは300キロ?
やって来ました、ここは隣町の
JA飯野町ライスセンター
わが町にはライスセンターがないので
はるばる来たぜ〜イイノマチ〜
これが乾燥機のようだけど、
確かにデカイ機械が並んで、
少量の乾燥は回らないとか
言うことを実感する(><)

なぜここに来たかというと、
4隅の手刈りは不要と言われていたが、
最初にコンバインが入るところだけ
手刈りの10束をして、屋上自然乾燥
割り箸脱穀をして、バケツ1杯の
籾を籾摺り機にかけたかったから・・・
画像中央の籾摺り機に投入
しましたにょ(^^)その奥の
計量機から玄米が出てきたが、
前の玄米が少し残っていたようで、
混ざってしまったにゃ〜
どちらもコシヒカリということだが、
2.4キロの玄米は、籾摺り代
タダとはいえど、コイン精米しても
これが汗水流して作った米とは
実感が薄いにゃ〜

その後採れた196キロのうち
食べる分だけコイン精米して、
とうとう口の中へコシヒカリが
入りましたにゃ〜  ムシャムシャ
パクパクパクパク
食いすぎた〜ウィ〜〜〜(笑)
今年から盆地北部の休耕田から
盆地西部の休耕田にやって来ました。
1反2畦=12アール=360坪のうち
田んぼは1反弱にして、残りは野菜畑に
する予定でした。
去年と同じ6月30日の画像
間断潅水が始まったので、田んぼらしい
画像でないかにぃ〜
列間は去年と同じ35センチだが、
株間は平均25センチで、1坪当たり
35本植えの粗植にしてみましたにょ(^^;
特製籾殻堆肥のみだが、画像左の
チコット写ってる隣の田んぼの緑の濃さと
少し違うのが解るかにぃ〜?
稲作したことないと、葉色の濃さと言っても
解りませんと言われたりして・・・
尚、画像手前の田んぼの田植えは
5月20日で、画像奥のほうが
5月17日の田植えでした。
3日違うとご覧のように
分けつが違いますにょ!
その休耕田の右となりに野菜畑と
してみたにぃ〜
画像手前がカボチャ3本とスイカ1本
(カボチャの影で見えない)
野菜の種類を左から右へ書くと
サトイモ、ネギ、落花生、つるなしインゲン、
ズッキーニ、ネギ、アスパラ、サツマ芋
青紫蘇、赤紫蘇、
エダマメ、青バタ、ニンジン、シシトウ、
ナス、トマト、ピーマン、ナス、
つるありインゲン、キュウリ、ゴボウ。
アーチパイプの高さ2メートルのところが、
つるありインゲンとキュウリでした。
8月24日の画像
去年より1週間遅く稲穂が出ましたにゃ〜
7月は長雨日照時間0により、
葉いもち病は来るし、ムシは来るし
中干し1ヶ月ぐらいやったが、毎日
雨降りでサンザンな年でした。

しかし1坪当たり35本の粗植だから
分けつ数40〜50本と、
機械植えの2倍ぐらいだにぃ〜
荒く植えると一般的には収量が
多くなるらしい(^^;
同じく8月24日の画像
里芋の葉っぱはあまり大きくなく、
茎も細くなく、茎の本数が収穫量を
左右しますにゃ〜
長ネギは7月の長雨で1割ぐらい
ヘロヘロになったが、ご覧のような
出来になりましたにゃ〜
これから秋に向かって、もっと美味そうな
ネギになりますにょ(^^;
千葉半立ては初期成育が遅く、
追肥1回だけだが、ご覧のように
繁茂して、幅1メートルぐらいだけど
これ以上土寄せの土がな〜い!
隣の長ネギにはもう1回の土寄せが
必要だし、土寄せは終わ〜り。
結構高い位置から子房柄が土中に
潜ってるから、豊作が期待される様子。
黄金色の季節を迎えましたにゃ〜
画像奥の田んぼは、隣の田んぼと
比べても、ほとんど同じ色具合(^^;
画像手前のほうが少し緑色だにぃ〜
両方同じことやってるのに、
これぐらい微妙に違う稲作に
改めてシミジミと感じる。
しか〜し、今年は1株も倒して
いませんにょ〜
あとはコンバインを待つばかり。

その後今年も
反収8俵でした。
7月の長雨日照時間0により
少し減収になった様子・・・
18年10月29日に千葉半立て落花生を
収穫しました。株間30センチで幅が
最大1.5メートルぐらいになったけど、
10月初めごろ咲いた花のところには
落花生はイマイチのカラだにぃ〜

堀り起こしたら画像のように
逆さにして、全部掘り起こし終わったら
結構乾いたので、葉っぱを上にして
集積したのでした。
2〜3日して、葉っぱと茎の中の
養分がカラの中に入ったころ、
今度は逆さまにしてカラを乾かしてみよう。
総重量は4.9キログラムでした。
40株だから、1株当たり122.5グラムは
多いのか少ないのか、全く解りません。
少し茶色いのは品質が悪いので、
それを省いたら、白いのだけでは
いったい何グラムになるのでしょう!
逆さにして乾かしていたら、強風で
飛ばされて10株ほど川に流されて
しまったようで、50株植えたのに
大きな被害が出ました(笑)

塩茹ですると美味いとか言うが、
水分が少ないツマミなので、
酒の肴になりませ〜ん。
野菜とかイモ類なら、どんな料理法でも
水分があるので酒の肴になるけど、来年
植えるかどうかは来年になってから?
コンバイン裁断切り藁をならして
稲株を草刈機で切ってから敷き詰め、
そこに米ぬか1反当たり70キロ降って
水を入れてみましたにゃ〜
土着菌だけでは水中醗酵は遅く、その後
EMを撒いて見たら水が綺麗になったし、
3月にはトロトロ層が出来そう(^^;

40〜50本分けつした大株の稲株は
小型機械耕起では機械を壊しそうだし・・・
(もしかしたら不耕起田植えができる?)
去年のクズ米を撒いて鳥を呼んで水かきで
自然耕起の予定だが、来るのはカラスとか
小鳥ばかりだから、白鳥や〜い!
美味いコシヒカリがあるにょ〜(笑)
雪が降り氷が全面に張ってる2月上旬の画像
こういう状態だといくらクズ米を撒いても
渡り鳥も何鳥も1羽も来ませんにょ!
年内の薄暗い早朝に行って見ると、
水面に浮かぶように10羽ぐらいの、
結構大きな鳥がいたが、白サギでは足が
長いから、水面をスイスイとは泳げない様子。
カモよりは大きいから、やっぱりあれは
白鳥なのでしょうか?
薄明るいときはすでにいないから、はっきり
見たことは1回も無かった。しかし水面に白い
羽が浮かんでるから、やっぱり白鳥だろか?
来年も餌付けして呼んでみよう(^^)
それから画像左下は菜花だけど、耐寒性が
ないので、もう枯れかけてる。
右下が1畝2列の花菜だけど、これは
耐寒性があるから、3月から収穫開始。