田植機整備点検記録


ヤンマー歩行用田植機
YP250A
20年前に製造を
終えてるそうな・・・
(現在は乗用が
主流の様子)
取り扱い説明書もないし
メーカーにメールで
送ってもらったものを
DNロードしたもの。
先ずはエンジンオイルを
抜いてしまって・・・
ウヒャ〜
真っ黒毛の毛でやんす!
3年間使ってなかった
地主の機械だけど、
予想通りの黒さ(笑)
こういう車用のオイルで
パワークリーン
知ってるシトはいるかと
思うが、一番安いオイル
だにぃ〜
車のオイル交換とか
オイルエレメント交換は
いつも自分でやっていたし
昔はダイナモ(発電機)
交換とかも自分で
やってましたにゃ〜
DIYは得意中の得意(笑)
オイルを注ぐ容器は
ないから、紙を丸めて
そこへ注ぐのだにぃ〜
なかなか一杯にならない
から、紙を抜いてみたら
オイルがドバーーー
ウヒャ〜〜
オイルがこぼれて
オイルまみれ(笑)
田んぼとか畑の中で
交換しないで、草むらの
農道で交換して正解
でしたにゃ〜
次に簡単なのは
エアークリーナーだけど
外してみたらスポンジの
クリーナーがボロボロの
ボ〜ロ(笑)
もしかして20年以上
点検してなかったかにゃ?
地主は今年死んだから
いきさつは聞けない・・・
そのスポンジをメーカーに
問い合わせしても、
20年も前の機種では
在庫がない予想だから、
そのへんから98円で
スポンジを買ってきて、
厚みを切るのは簡単だけ
ど、丸〜く切るのが
なかなか機械で切る
ようには行かないもので、
丸く見えますかにゃ(笑)
さ〜てこの次の、
トランスミッションオイル、
油圧オイル、車軸オイル、
このへんは説明書と
違って、アッチャコッチャ
ばらさないとオイル交換の
ドレーンと給油口が
見えませぬ〜
ギヤオイルは今や
遅しと交換を待ち構えて
いるのでした(笑)
カバーを外してみると
トランスミッションの
給油口(黄色い部分)が
見えてくる。
しかし、油を抜くドレーンが 
どこだどこだ?
そのへんのナットを
回しても回らない。
う〜む!
ドレーンが解らんにゃ〜
それでは次に簡単な
点火プラグの掃除は
3分で終了(笑)
タイミングベルトは
亀裂が入ってるから
これは交換になるにょ。
それも2本ともだから、
ベルトがあれば
自分で交換5分だけど、
ベルト取り寄せになるし
販売代理店しか
部品注文は扱って
ないそうな・・・ムムム
1週間置いておいたら
エンジンがかかりません。
こりはキャブレターが
詰まったかと思い、
下から入ってる燃料
ホースを外してみたら、
ガソリンが上がってきて
なかったのでした。
ガソリンを少し入れたら
エンジンがかかった。
しかし、これからここの
ところが問題になりそう
だし、キャブレターの
掃除の仕方は覚える
必要もありそうだが、
素人がやって、周辺部品を
アッパッパァーにしても
いかんから、整備士を
呼ぶことにする。
その後植え付け爪交換
1本シェンゴヒャク両
苗乗台シュー交換
1ヶ所ハッピャク両
これであと5年ぐらい
使えるものかどうか・・・
それに格納庫の問題が
1年前にハッシェイしたし、
今年は5月10日ごろ低温
が来て、それ以来
コシヒカリ苗が伸びるのが
サッパリコン(><)
一旦低温に当たると、
何をやってもその後
全く伸びなくなること、
大大大発見(笑)
笑いごとではなくホントに
伸びませんで〜