糸状菌培養による落ち葉堆肥の作り方


米糠の除草効果について


農業試験場徘徊記


野菜栽培一覧表


フルーツ&野菜セット販売を始めました




なんでもついでに田んぼ通信
休耕田を借りて、稲作は全く知らない田んぼを始めました。
田んぼ通信はこちら

田植機整備点検記録

カメ壷造り玄米黒酢に挑戦






エシャロット
画像上が掘り起こした状態
画像下が球根をばらして、根っこを
切ったところ。
生食してみたらシャキシャキ感は
ラッキョウあたりかにゃ?
味はネギに近い味でこれは美味い、もう一杯〜〜〜(笑)
茎は昔懐かしいアサツキの味だった。
暖地ではワケギで寒地ではアサツキの味。





白菜
10月初旬の画像
85日晩成種を8月15日にポット蒔き60ポットの
白菜が、半分結球してるところです。
密植になってしまったけど、葉っぱが伸びてるときの  
ここぞと思うときに、チッ素系肥料が効いてると、
結球度合いはどんなものでしょうか!
75日で収穫して、
少し早いけど密植のところをパチリして見ました。
葉っぱを大きく広げて、隣の白菜の上に葉っぱを
“乗せた”ほうが、生存競争に勝ち抜いたと
思いませんか?
この画像では、株間30センチ以下でしょうか?
どうでしょうか(^^;

画像左側は生存競争に勝って大きく結球。
右側は負けて小さく結球でした。
その後株間45センチとしました。
当地方では1月半ばぐらいから根雪となって、
白菜にも雪を被り貧弱な結球だととろけて
しまいます。
結球中期まで肥料を効かせ、大きく力強く結球
させてみましたので(4.5キロ平均)、
2月のサブイ時期まで
畑で越冬、今年は持つかにゃ〜
この画像は11月最下旬ですが、黄色くなってる
葉っぱが少ないと、越冬にも力強さを
発揮するかな?どうかニャニャニャニャン(笑)
その1月下旬の画像がこれ・・・・・・
株間45センチ ビッタリコンだけど、
このゆるやかな曲線美が解かりますか(笑)
白菜の上の様子を見るとツンツン鳥に
突付かれてるのが解かるかな〜
防鳥キラキラテープはあまり役にたたない!
ここから雪が溶けて雨水が染み込み、
内部が腐ってくることが読み取れるかどうか?

右畝は玉ネギが雪を被ってる〜
左畝には越冬用カブレ菜とサヤエンドウが
見えませぬ〜

それからもうひと言だけ・・・
低温性野菜のカブレ菜とかエンドウに対して
冬囲いとかするシトが結構いるが、
ご覧のように低温に当てて、サブサに
鍛え上げたほうが収穫量も多いし、
なんと言っても美味いものが採れるにゃ〜






大根

10月初旬の画像
画像右側が青首ダイコンで、左側が
白首ダイコン1畝2列でした。
株間30〜15センチとして、密植してみたけど     
直径6センチで長さ45センチの、タクワン用      
大根が採れるでしょうか?どうでしょうか!
上2本が白首45センチ以上大根で、
下が青首大根が採れました。
株間20センチぐらいでしょうか!
例のごとく生存競争に勝ち抜いたほうが
大きく長くなり、負けたほうが小さく
細くなるのは当然のようですね!

青首ダイコンは抜くのに楽チンだけど、
白首のほうは、山芋のように掘るのが
大変でしよっと(><)

タクワン用には白首45センチ以上が
良いけど、来年は青首ダイコン密植とかして
簡単栽培のほうに戻す予定でした。
白首100本も掘るのに大変   (^^;ダァ〜






ニンジン

10月初旬の画像
画像右側が8月初めに蒔いた5寸ニンジン1畝2列。
左側が8月半ばに蒔いた1畝2列だけど、左側のほうが
伸びてるのはどうして?
種を買ったら7月中に蒔くのが良い様に
書いてあったので、右側は中和しないで急いで
蒔いたのが×だった様子・・・
これがホントの種明かし(笑)
種蒔き後100日で収穫してみたけど、
少し小さいので、もう少し過ぎてからが
収穫時のようです。
400本採り進行中(^^)






ゴーヤ

10月初旬の画像。
居間の窓を開けるとゴーヤが採れます。
ブランブランと吊り下がったゴーヤを見ながら
もう1杯/ウィ〜(笑)
最低気温10度以下もあるので、メス花は
3日に1回ぐらいしか咲きません。
6月にはメス花が咲かなかったけど、7月半ば
から採れだして、まもなく収穫を終えるようです。   






秋キュウリ
10月初旬の画像。
地這いキュウリでも、地這いとする必要はなく、
タナ仕立てで十分採れます。
地這いと言う名前の強健キュウリですね。
3月種蒔きは、2重温室がないと苗木が採れない
ので、最初の4月定植は苗木を買います。
その後種蒔き何回かして、本年最後の
地這いキュウリは7月24日に蒔いたものです。
間もなく収穫を終えますが、6月から始まった
キュウリの旬は、4ヶ月以上のロングランです。
去り行く夏野菜をおしんで、今日も一杯
またまた/ウィ〜(笑)
その後10月最下旬に収穫を終えました。






小玉スイカ
這わせる地面が少ないときは、
ご覧のように  
タナ仕立てにしてブランブランと成らせることが出来ます。                     
味のほうは地這いでも、タナ仕立てでも   
変わりはありません。               2003年の長雨冷夏日照時間0により、
スイカの糖度はイマイチでした。     
大玉スイカのハコ植え子ヅル1本1果採り
重さは4キロだったから、小玉なら2キロ
ぐらいかな、大玉なら6キロとかかな?
4キロだから中玉でしょうかどうでしょうか。
子ヅル1本だけ伸ばし、孫ヅルは全部
欠き取っていたが、途中から成長が
止まってしまったから、4キロが限界の
ハコ植えスイカでした。
防鳥ネットを切って、ハコの上に張り、
そのネットの上にスイカが大きくなるように
してみました。
これは幼果が着果したところ
包丁を入れたらバリッと割れたから、
完熟していたのでしょうか。
糖度はかなり高かったから、今年のように
(2004年)カラカラ天気では
ハコ植えスイカでも美味いのなんのって(笑)






ダイコン
これがハコ植え大根!
青首大根の品種のうち、根の長さが比較的短い
品種を選べば、ご覧のような大根が
採れる出ヨ〜(笑)
栽培がうまいと畑で植えるのと、ほとんど
同じものが採れるにょ〜
尚、ハコの大きさは30×40×深さ30センチでした。






ヤーコン
夏の終わりの姿のヤーコンだけど、
バイオ里芋に負けてるじょ〜(笑)
里芋の葉っぱをヒモで引っ張っておかないと、
上から被って日光不足になってしまうぅぅぅ!
その後2メートル延びてサトイモを追い
越してしまったけど、11月半ばの
霜に当たって枯れたと(^^;サ
さっそく生で醤油を付けてパクリッ・・・
う〜む!サクサクしていてあまり味が
ないというか、少しウドの味に
似てるにゃ〜
味噌汁に入れてみたが、何か利用
方法があるんじゃろにゃ〜
ヤーコンの花
こういう花は見たことあるが、
何の花に似てるか思い出せない(笑)






四角マメ
四角マメと言うだけに、確かに断面が
四角じゃにぃ〜
味わと言うと、大味というか、イマイチでしねん!
大体変わったものというと、味がイマイチが多し(笑)
サヤインゲンとかエダマメのほうが、
遥かに○でしにゃ〜(^^;ウヒィ〜






メロン
メロンの子ヅル3本、孫ヅル4本の、4果採りが成功!
下から11節目と15節目の間にに着果させるって
教科書に書いてあるけど、途中生理落果して着果
しないから、高さ2メートルぐらいになったのでした。
タナ仕立てでは、20節目以上になるのでは
ないきゃな!
一番果実をガブリッ!
アンレ!1週間は早いにゃ〜
回りの葉っぱが黄色くなって落葉したから
収穫したけど、硬い硬いのことよ(^^;ホヘヒ






山芋
バイオ長芋の夏の姿! サクランボハウスの
バイプを登って、一番高いパイプが4.5メートル
だから、5メートルは延びたじょ〜
って、長芋は高さを競うのでにゃいのことよ(笑)
一番右端のが一番出遅れてるじょ〜
やっぱり高さを競ってるってぇ(^^;ガハハハ
画像下が長芋で長さ65センチでした。
手のひらのようになるのは土層が浅いからと思ったら
ウィルス病だとか/ウヒィ 馬鹿になるぐらい掘らないと
掘れないことから、通称バカ芋とも言うけど、自分で食べる分
だからパイプ栽培まではいらないような・・・
毎年バカになろう(笑)
画像上は短形自然薯だけど、1本のつるから
3個の芋が採れたにぃ。
味は長芋と同じ味とネバリだった。






キノコ
ニョキニョキと出て来たのは容器栽培のナメコでした。
菌床に水を掛けると、菌糸が増えてナメコの形が
見る見る大きくなって、ご覧のような笠が開いて
直径8センチとなりました。
味のほうはと言うと、笠が開いたナメコはイマイチ
でしね!
笠が開く直前がナメコの収穫時期でした。
ホダ木に打ち込んだシイタケの種駒が姿を
表しました。
日陰で風通しの良いところに置いてるけど、
乾燥に弱いホダ木だから、毎日水遣りしても
シャキッとしないシイタケなので、半分土埋めと
あいなりました。


キクラゲ菌床栽培はこちら






コンニャク
おおおっ!何か出て来ましたよ。
鬼の角のようなコンニャクでした。
6月半ばに芽を出し、やがて熱帯果樹のような
葉っぱを広げるようです。



コンニャクのスライドショー






ウコギ
これはウコギと言うでしょうか、ウクギと言いでしょうか!
昔はトケ゛があるところから、垣根に植えてましたね。
みなさんの地方ではウコギと言いますか、それとも
ウクギと言いますか?
新芽を摘んでウコギご飯の一味変わった風味が
解るでしょうか(^^;


コシアブラの水耕栽培






サヤエンドウ
サヤエンドウの11月末の姿です。
延びてるほうは10月上旬蒔きで、
延び悩みのほうは10月下旬蒔きです。
これから来春までの間に、氷点下の気温と
雪の重みで倒されますが、踏まれても踏まれても
強くたくましい秋蒔きサヤエンドウですね!
今年の積雪は、最高で50センチもあったので、
茎を折られてるのが少しありますが、
3月には再び成長開始するようなので、
延びてるほうには、定植後ビニールトンネルを
掛けて、早採りをやってみるつもりですね(^^;
盛んに延びてる5月中旬の姿です。
5センチぐらいで越冬したものは、
延び悩みもあったし、15センチぐらいで
越冬させるのが、一番良いようです。
前の年に採った種なので、原価0ですが、
耐寒性とか、その後の成長がイマイチ
なので、やっぱり種を買ってくるべきかな(^^;






タマネギ
これはタマネギの球根を植えて10日過ぎた状態です。
ネギ,タマネギを種から育てると、長期間かかるし、湿気に
弱く難しいので、種を蒔いたことはありませんでした!
でも、この直径2センチぐらいのタマネギ球根を植えると、
2日で芽は出るし、10日でごらんのように15〜20センチも
延びたところです。
今年種を取って、来春種を蒔いて、小さい球根になったら
堀りあげて、その球根を郵送できそうです。
みなさん、球根タマネギを植えてみませんか(^^)
  その後の状態は無残な状態です 植えたのは10月2日でしたが、1ヶ月半は遅植えだった
ようでした。
春には再び成長開始しそうですが、トウ立ちになる予想
になりました。
関西方面では9月始めに植えて、年内にタマネギが
収穫出来たようですが、このへんではお盆のころに
植えないと遅いようです。
失敗しそうなので、タマネギ苗を植えてみましたので、
どちらが大きなタマネギが採れるかどうかというところです。
予想に反して(笑)トウ立ちはしませんでした。
6月初めに無事収穫しました。
苗から育てたものと同じようになりました。
収穫した後プランターをひっくり返して、根っこの状態を
見ましたが、以外と下まで根っこが延びてない!
このぐらいのプランターと言うか、深さ15センチも
あれば、玉ネギが採れることは、
大発見でした(^^)
7っ植えて8っも採れたと(^^;サ
画像左から自家製玉ネギ苗木、タキイのアースで
翌年まで保存できるとか・・・
続いてタキイの一般的品種の天寿50本380円。
その右側がタキイの貯蔵に優れたOK50本
400円。一番右側が赤玉ネギ50本350円。
こうやって見ると自家製苗木が、根っこの量も
多く一番良さそう(^^)
赤玉は一番貧弱だにぃ〜(笑)
左側1列が自家製苗木のアースで大きいにょ(^^)
真ん中がOKだけど、イマイチの大きさだにぃ〜
右側が例の赤玉だけど、ところどころな〜い(笑)
↑ の苗木のように、根っこの量が極端に少ないから
最初からの生育が×だったんたん/ありゃりゃ
やっぱり自家製苗木の優れた苗木を作らんと、
玉ネギ栽培の50%以上が決まってしまうぅぅぅぅぅ!
手前からネオアース、アタック、玉ゆたかだけど、
(真中に棒が立ってるところが境)
ネオアースは今年から(18年)発芽率75%以上の
表示をとうとうしたが、発芽率は75%程度で
生育率60%ぐらいだにぃ〜
真中のアタックは画像からも解るように、
発芽率75%以上で良さそう(^^;
向こう側の玉ゆたかは最悪コースだにぃ〜
ご覧のように100本チョイしか
採れませ〜ん(><)
翌年まで保存できる3品種蒔いて、
玉ネギ苗1000本目標のところ
800本程度に終わりそう!

品種の内訳は、ネオアース270本、
アタック400本、玉ゆたか130本でした。






トマト
赤いミニトマトと黄色のミニトマトです。
1本の木ではなくて、2本の木を並べてみました。
赤いミニトマトは、1花房に10花ぐらい咲きますが、
9割ほど摘花して、実を付けるのは1花房に1〜2個に
すると、直径5センチほどになります。
ただ、どんな栽培をしても、皮が柔らかくならないのは、
そういう品種なのでしょう!
黄色種は、摘花してもあまり大きくならないし、
味のほうはイマイチのようです。
カゴメ3.000名様プレゼント!トマトの収穫をしました。
果皮も果肉も真っ赤に熟します。
噂のリコピンが、普通トマトの3倍とか!
増え過ぎた活性酸素を押さえて、ガン予防に、
老化防止にと、噂がささやかれているでしょうか(笑)
甘味と酸味のバランスが良いとはパンフレットに
書いてはありますが・・・
カゴメだけにトマトジュース向きかな?!
連作障害がなければ、桃太郎を植えて、
完熟トマトのその場でガブリッをやるところですが(^^)
これはホーム桃太郎の10月17日の画像。
まだまだ実をつけ勢いの良いこと・・・
最低気温は0度ぐらいのときもある当地方だけど、
米糠豊富な落ち葉堆肥の肥効はかなりのものだと
思ってるのでした。
尚、画像中央上のイボ竹の長さは
2.7メートルでした。






カリフラワー

これって、黄緑色のカリフラワーです。
連山2号という品種を初めて植えました。                   
普通の白いカリフラワーとは、だいぶ
違う形をしてますが、ほんとにこれは
カリフラワーなのでしょうか!
ゴジラの背中のような、ボコボコしてますが、
味のほうはイマイチのようです。


野菜栽培 beauty.geo  パンダ豆  ソバ