洋ナシ栽培


ル・レクチェと言う品種は花芽の数が
少ない品種ではあるが、ご覧のように
いずれも花芽で込み合ってる枝がある。
このように第1次摘蕾をしたけど、
この画像をジックリ見たら、残すのは
右側か左側のほうが良かったかも
知れません。
4月も半ばを過ぎると
花芽がばらけて来ました。
あえてどれを摘蕾するかと言うと、
大きくて甘くて見た目が良さそうな
果実になりそうな花芽を残すのでした。
これでは一般的な話だったりして(笑)
花が咲いてきて人工授粉するけど、
おしべの先端が黄色になってる
状態がこの画像から読み取れるか
どうか?
これが読み取れれば、洋ナシ栽培は
かなりやってるお方でしょう(^^;
花粉が出ていて受粉可能かどうか、
やっぱり経験年数でっしゃろきぃ〜
野菜栽培も最近同じような傾向が
あって、なかなかこれだと言わないの
でした(笑)
着果を確認した5月初めでした。
とりあえず摘果して、
その後良さそうなどちらかを残します。
肥大中の5月下旬でした。
どこからともなく飛んで来たクワガタ
果実が大きくなってくると
自然に下垂しますが、
完熟期まではまだまだの
現在は6月下旬でした。
その後8月半ばの画像。
こういうように表現してみました(^^;
品種名は9月末収穫期の
バラードでした。
10月中旬に収穫期を向かえた
果皮の綺麗なル・レクチェでした。
(洋ナシの中では綺麗な果皮です)